2015年 9月 の投稿一覧

無落雪の屋根にする時『効果が出やすい』2の工法と選ぶポイント!

無落雪の屋根

近隣のお宅と距離があまり離れていない場合、降雪等で隣地に迷惑をかけてしまう事があります。

【雪対策】無落雪の屋根についてご存じですか?

雪止めで難を逃れる事もありますが、100%逃れられる事ではありません。雪の心配から逃れる為にオススメなのが、無落雪屋根のリフォームです。

最近では佐倉市でも大雪が有ったりする事から、注目されているリフォーム方法です。

▼屋根や外壁リフォームの腕が良いと地元で評判の業者をチェック

無落雪の屋根にする対策の種類まとめ!

無落雪屋根とは、文字通り雪を屋根から落とさない屋根の形です。無落雪屋根は、大きく分けると以下のパターンがあります。

屋根をフラットにする

屋根の勾配を無くし、屋根から雪を落とさない形です。

雪の重量が屋根にかかりやすいので、建物に大きな負担になってしまう事があります。 大雪にはあまり適していません。

屋根の中心に勾配を付けてダクトを設けて流す

Mの様に、屋根の中心の方に両方から勾配を付けます。

中心にダクトを設けて、屋根の熱伝導率の高さを利用して雪を溶かして、ダクトに流して排水させる方法です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

冬場の日中の日差しの強さを考慮した方法なので、雪を効率的に屋根から無くす事が出来るメリットがあります。

どちらの工法も、雪解け水を流す為のダクトを設けなければなりません。

ダクトは雪解け水を快適に流さなければいけない役割を担っているので、いつもゴミが詰まっていない快適な状態にしなければなりません。

屋根の上は定期的にメンテナンスを行ってもらおう

屋根の上というのは、劣化が進んでいたり思いのほかゴミなどが溜まってしまいます。しかし、自分でダクトのゴミを取り除くのは、かなり高度な事です。

その為、定期的に業者さんにダクトの点検を頼むと良いでしょう。

既存の屋根の形状を大きく変えるので、一般的な屋根のリフォームと比べると工期が掛ってしまいます。

その為、雨があまり降らない時期にリフォームをする事がオススメです。

家に居ながらリフォームが出来ますので、引っ越しや家を空けなければいけない心配はありません。

▼評判で選ぶ!佐倉市の屋根・外壁リフォーム会社おすすめリスト

DIYの外壁塗装で「絶対はしごを使ったらいけない」理由!

DIYで外壁塗装

外壁塗装をDIYで行う際にはしごを使うという事は、様々なデメリットがあります。 結果からいうと、オススメ出来ません。

DIYで外壁塗装を行う時には「はしご」では絶対行わない!

そんな外壁塗装のDIYではしごを使うのを避けるべき理由は、下記の理由が挙げられます。

▼外壁リフォームの腕が良いと地元佐倉市で評判の業者をチェック

塗装時にご自身が落下してしまう恐れがある

外壁塗装というのは左右に動いて行うので、縦にはしごをかけて行うという事は左右に無理な体勢になってしまいます。

その為、落下してしまう可能性が非常に多くなります。

DIYで足場から落下してケガや死亡事故に繋がる件数は物凄く多く、建築基準法では禁止となっている行為です。

自分は体力があるから大丈夫なんて軽視していると、足場代節約より高い治療費がかかってしまう恐れがあります。

塗装仕上がりの施工にムラができてしまう

はしごで行う事で、手が届きにくい部分が発生してしまいます。

その為、隅から隅まで万度に塗料を行きわたらせる事が出来なくなってしまい、塗装ムラが発生してしまいます。

塗装ムラは許容範囲と最初は思っても、年数が経つにつれて塗装ムラがどんどん目立ってくるので、カッコ悪い外壁を作ってしまいます。

以上の理由から、外壁塗装のDIYではしごを使っての施工はお勧めできません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

出来るとしたら、平屋程度の高さでしたらDIYの外壁塗装も可能と言えるでしょう。

2階建て以上の部分には足場を組んで塗装するのがベスト

2階建てになると2階の軒下まで8m位になるので、そんな高さまではしごで外壁塗装を行うなんて到底考えられません。

1部2階建ての住宅で1階の屋根にはしごを乗せるパターンは、陸屋根であれば百歩譲ってOKと言えます。

しかし、屋根勾配がある屋根上にはしごを立てる事は、絶対にしてはいけません。

勾配がある部分にはしごを掛けて、安全だという保障は誰が見ても全くありません。

平屋以上の建物の場合は、はしごで対応できない部分に関しては、足場を組む事をオススメします。

外壁塗装はDIYより業者に依頼した方が結果的に安くつく!

こういった事に加えて、技術力の無い素人が塗装を行っても、2~3年で塗装効果が無くなる事なんてザラに有ります。

職人さんの技術が有るからこそ長年効果が続く塗装が行えるのです。

なので正直DIYで外壁塗装を行っても、労力と費用を考えたら「絶対に地元の優良業者に依頼する方が得」です。

下記の様な、地域で評価の高い外壁塗装業者に一度御相談される事をおすすめ致します。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

ステンレスの浴槽が今選ばれない理由やデメリット!

ステンレス浴槽

ちょっと前まで在来工法のお風呂は、浴槽がステンレスの物が一般的でした。

ステンレスなので耐久性があり、何十年経ってもそん色なく使う事が出来ますので、使われている方も多いと思います。

最近ではステンレスの浴槽よりもユニットバスが主流

しかし、近年FRPの浴槽やユニットバスがどんどん主流になり、ひと昔前のステンレス浴槽は古臭く、熱伝導率が高いせいか徐々に敬遠されるようになってきました。

お風呂のリフォームをする場合オススメなのが、年齢を増しても快適に使えるのは、熱伝導率の少ないFRPの浴槽やユニットバスです。

▼佐倉市でリフォームの腕が良い評判の業者をチェック

ステンレスの浴槽を選ぶ時のデメリット

熱伝導率は、お湯の冷め具合に大きな影響を与えてしまいます。旧式のステンレス浴槽は、すぐお湯がぬるくなってしまうのが最大のデメリットです。

追い炊きの際の光熱費も、j旧式のステンレス浴槽の方が若干割高になってしまいます。

足触りや冬でも快適に使えるのは、熱伝導率の低いFRPの浴槽またはユニットバスです。

また、ステンレスの浴槽は大きな物は普及されていなく、いざ大きなステンレス浴槽を選ぶと大変高価になってしまいますので、手が出ません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

狭い浴槽ですと、脚が伸ばせず大変不便ですので、年齢を増した時の事を考えるとオススメできません。

せっかくお風呂をリフォームするのですから、脚を伸ばして入れる快適なお風呂にするべきです。

ステンレスの浴槽は構造体に負担を与えてしまう事も

更に、ステンレス浴槽のデメリットは、浴槽自体の重さがFRPよりもかなり重い事です。

1階以外の階の浴室に取り付ける場合は、余計な負担を構造体に与えてしまう事がありますので、オススメ出来ません。

特に水回りのリフォームは、若い時に使うイメージではなく、年齢を増した時に快適に使えるのかを考慮してリフォームをする事が大事となります。

動きが鈍くなってからスムーズに使えるのは、どちらの素材の浴槽なのかを考えてみましょう。

ステンレスの浴槽は、LIXILやカタラスタンダード等で今でも豊富な種類の物が販売されております。

色んな事を加味してもステンレスの浴槽が良いという方は、これらのHPや佐倉市に有るショールームなどで確かめてみましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市のリフォーム会社おすすめリスト

屋根に天窓を付ける時の費用と設置する窓の選び方!

屋根の天窓

屋根に窓を付けるリフォームは、室内空間が暗めな場所には大きな効果を発揮してくれます。

屋根に窓を付けるリフォームをすると明るい家に変わる!

屋根に窓を付ける事で採光を促す事出来、その量は一般的な壁に付ける窓と比べて、3倍の採光量を確保する事が出来る凄さです。

壁に窓を付けるよりも採光量が高くなるので、壁の量を確保してわざと屋根に窓を付ける場合もあります。

▼屋根や外壁リフォームの腕が良いと地元で評判の業者をチェック

屋根に付ける天窓の種類は2つ有る!

屋根に付ける窓は天窓と呼ばれ、開閉するタイプと開閉しないタイプの2種類があります。

開閉する天窓の費用とメリットデメリット

開閉するので、換気も出来ます。

温かい空気は上部に滞留するので、天窓を開ける事で余分な暖気を逃がす事が出来ます。 開閉は専用の棒で行うのが一般的で、多少の不便さを感じる事もあります。電動開閉の天窓もありますが、お高いです。

壁の窓と比べると閉め忘れが多い傾向があるので、雨が降っている事に気付かずに室内に雨水を入れてしまう事があります。

開閉型は、どうしても雨仕舞の問題が解決せず、雨漏りを起こしてしまう事があります。 一般的なH500×W700程度の普及品で、手動で10万円程度、電動で20万程度かかります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

これにリフォームの際に生じてしまう開口費や内外装の補修費、仮設費も入れるとプラス30万以上かかってしまいます。

開閉しない天窓の費用感と特徴

開閉しないので、採光のみの目的となります。開閉しない分、雨漏りの心配がありません。

開閉せずに3倍の採光量を取り入れるので、暑くなった暖気を逃す事が出来ないので、室内が暑く感じる傾向があります。

開閉しない分、窓自体の金額がとても安くなります。一般的なH500×W700程度の普及品で、10万円程度かかります。

これにプラスして、リフォームにかかる費用が、プラス30万以上かかってしまいます。

開閉型、開閉しないFIX型、どちらにも一長一短のメリットがあります。

雨漏りが心配な場合には開閉しない天窓を選ぼう!

窓を開ける事まで考えないのであれば、開閉しないFIXの天窓の方が雨漏りの心配が少なくなるのでオススメです。

暖気を逃がしたい場合は開閉型が良いですが、雨漏りを起こしてしまう事が多いので、出来ればオススメしたくありません。

リフォームで天窓を付ける場合は、雨漏りに気を付けて手厚く施工を行わなければならないので、腕が良く建材に詳しいリフォーム業者や建築屋さんに依頼するようにしましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の屋根・外壁リフォーム会社おすすめリスト