2015年 12月 の投稿一覧

防水工事を行う時の騒音の大きさや上手な対処方法まとめ!

防水工事の騒音

屋根や外壁の防水工事は、発生しないようで騒音を大きく発してしまう工事です。

防水工事を行いたいけれど騒音はどの程度の音量なの?

雨漏り等が心配なので、そろそろ防水工事を行いたいけれど、ご近所に迷惑がかかってしまうんじゃないか?うるさくて家に居る子供やご老人に影響があるんじゃないか?

そう不安を感じる方もいらっしゃると思います。

では防水工事で発してしまう騒音とは、どのような作業なのでしょうか。こちらではそういった、防水工事の騒音について詳しく解説させて頂きます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

防水工事時に発生する騒音はこういった物がある

足場の騒音

防水部分は屋上などの高い部分が大半なので、施工部分まで直接たどり着けるルートが無ければ、足場を設立して行き来を行います。

足場設立の際や足場の上り下り、足場撤去の際に金属音が発生してしまいます。

金属音は高い音なので、想像以上に広範囲に響かせてしまうので、かなりの苦痛に繋げてしまいます。

既存防水層撤去時の騒音

リフォームの際に既存防水層を撤去する場合、下地まで根こそぎ綺麗に取り除かなければならないので、躯体に直接音が響いてしまいます。

サンダーの音やケレンの音など、直接構造材に響くとかなりの音量になります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

材料搬入の際の荷降ろしの騒音

高い場所での作業の為、使用材料はユニック車等で荷降ろしを行います。ユニック車の作動音や合図の声などが飛び交うので、騒がしいです。

防水工事自体の騒音

防水工事は躯体に直接施工を行うので、躯体に触れると常に不快な独特な音が響きます。 防水工事は何層もの構造で成り立っているので、数日この状態が続きます。

防水工事時の騒音が1番気になるのは、防水工事を行う階のすぐ下の階のお宅です。特に作業中は躯体に音が響いてくるので、想像以上の騒音に悩まされます。

防水工事の前にしっかりご近所に挨拶するリフォーム店を選ぶ

このような防水工事の騒音は、残念ながら抑える事は出来ません

特に防水工事の施工中は、綿密で丁寧な工程を行わなくては高い防水効果を発揮出来ないので、音を気にして施工を行う事は不可能といえます。

防水工事の目安は、防水工法はリフォームの方法にもよりますが、300㎡程で約1週間かかる事が大半です。

防水工事は下地が乾燥していなければ行う事が出来ませんので、少しでも湿潤状態があれば工事を行う事が出来ません。

けれども、こういった防水工事を行う際にはしっかりしたリフォーム会社なら事前にご近所に謝罪の挨拶にまわってくれます。

なので、防水工事を行う際にはそう言う細やかな対処をしてくれるリフォーム店に依頼をされる事がおすすめです。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

外壁にコンクリートブロック採用時のメリットデメリット!

コンクリートブロック

コンクリートブロックは立派な構造材なので、外壁に使う事ももちろん可能です。

コンクリートブロックを外壁に採用する事の大きなメリットは、鉄筋コンクリートの様な型枠が不要となるので、大幅に建築材料をカットする事が出来ます。

外壁にコンクリートブロックを使う事のメリットデメリット

コンクリートブロックを積む際にモルタルを使用しますが、鉄筋コンクリートに比べると湿式度が低いので、工期の短縮にもつなげる事が出来ます。

既に出来上がっている材料をただ積んでいくだけですので、とても効率的な材料と言えます。

また、積みあがった姿はコンクリート打ちっぱなしのような個性的なカッコよい姿を演出してくれます。

オシャレな外観になりますので、目を引く建物にする事が出来ます。

簡単に壊す事が出来るので、増改築が簡単に出来る部分も大きなメリットです。

ハンマーで簡単に壊す事が出来るので、増改築の工期短縮にも繋げる事が出来ます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

コンクリートブロックの外壁にするデメリット

効率的なメリットとは裏腹に、デメリットも多くあります。それは、コンクリートブロック特有の空間がある事です。

空間が多くある事で起きてしまう現象としては、音漏れです。

コンクリートブロックの中にきちんとモルタルを充填すれば何の問題ありませんが、コンクリートブロックの穴の中をきちんと確認する事が不可能なので、充填不足により音漏れを発生させてしまいます。

外部の音が聞こえやすくなり、内部の音も外に漏らしてしまいます。

コンクリートブロックの外壁は熟練のリフォーム店に依頼しよう

以前、ホテルの間仕切り等にコンクリートブロックが使われてきましたが、音漏れが酷いという事で今は採用されなくなりました。

熟練のブロック工や左官工に施工してもらえれば、このようなデメリットは無くす事が出来ます。

コンクリートブロックを外壁に採用する場合は、特に職人さんの熟練度が大きなカギとなります。だからこそ、しっかりしたリフォーム店に仕事は依頼する事が重要です。

使い方さえ間違わなければ、快適な外激になるコンクリートブロック。個性的な外壁つくりの為に、採用してみませんか。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

アルミスパンドレルは天井や軒天をオシャレにする材料です!

アルミスパンドレルの軒天

アルミスパンドレルとは、アルミで出来ている天井材です。

アルミという材質から、耐候性や軽量性に非常に富んでいる、とても優秀な材料です。風雨等の外的刺激に強いので、塗装面の劣化も少なくとても丈夫です。

アルミスパンドレスはメンテナンスフリーの快適材料

防振性に富んでいるので、動きが加わった際に振動を防止させる事が出来るので、大地震が来てもアルミスパンドレルは落下リスクが少ない言えます。

カラーバリエーションも多様でデザイン性も非常によく、アルミカラーだけじゃなく木目調等、様々なカラーやサイズ等、品が良くオシャレな天井に仕上げる事が出来ます。

スパンドレルの働き幅は様々あり、広い幅の物や狭い幅の物、有孔の物もございます。色んなメーカーで製作されているので、選ぶ幅もとてもございます。

一般的には、商業施設や官公庁の建物に採用される事が多い天井材です。鉄筋コンクリート造や鉄骨造に使われる事が多く、木造に採用される事は稀です。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

アルミスパンドレルは軒天の防火構造になる!

天井だけではなく、ポーチの天井や軒天にも採用される事があります。

殆どのアルミスパンドレルは、防火構造に使う事が出来る材料です。その為、22条地域の防火構造の軒天として使われる事も非常に多い材料です。

木造軒天の防火構造に使われる事も、非常に増えました。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

通常は目立たない軒天ですが、アルミスパンドレルを貼る事でとてもスタイリッシュで上品な軒天にする事が出来ます。

軒天にアルミスパンドレルを設置する2つのやり方

アルミスパンドレルの張り方には、2つの方法がございます。

目透かし貼り

目地に隙間を開けて張る方法です。

敷目板貼り

目地の底に敷目板を当てて張る方法です。

天井だけじゃなく、ポーチの屋根や軒天に使う事で吸音板や軒天ボードには出せないオシャレさをかもし出してくれます。

耐候性が高いので、メンテナンスフリーと言われております。

工費は多少お高くなってしまいますが、メンテナンス不要でオシャレを作る事が出来ますので、とてもオススメの材料です。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

アクリル塗料とエナメル塗料どちらが良い?違いを検証!

アクリル塗料とエナメル塗料の違い

よく耳にする、アクリル塗料とエナメル塗料ですが、大きな違いは、アクリル塗料が水性で、エナメル塗料が油性という事です。

エナメル塗料は、鉄鋼面に使う事が主な塗料です。

アクリル塗料とエナメル塗料の違いって?

しかし近年においては、鉄鋼面には、合成樹脂エマルションペイント(EP)を使う事が、ここ数年増えました。

アクリル塗料は水性塗料で、コンクリートやモルタル等の素材に適した塗料です。住宅では、外壁や基礎、ポーチの床等に使われる事が多い塗料です。

耐候性や耐汚性、耐薬性、電気絶縁性に富んでいる材料です。

水性なので体に優しく、シンナーなどの溶剤は一切含まれておりません。しかし、水性なのに独特の臭いがして不快に思うのは、塗料自体の臭いです。

具合が悪くなる成分は配合していないので、アクリル塗料等の水性塗料で具合が悪くなる事はありえません。

水性でも塗料自体の臭いはしてしまい、その臭いは取り除けないので仕方ありません。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

アクリル塗料を選んだ時の注意ポイント

アクリル塗料の1つ難点な部分なのが、きちんとした下ごしらえ工程を行わなければ塗膜の耐久性が低い材料だという事です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

昔のモルタル外壁に塗布したアクリル塗装は、劣化が激しい物が多く見受けられます。

きちんと塗装をしたはずなのに、塗装が綺麗に薄くなっていて下地のモルタルが見えてしまっている外壁等をよく見かけます。

これは、塗装時の下ごしらえ工程がきちんと行われていない為、歴年の雨水でアクリル塗装が流れてしまった為と言えます。

また、塗装工程の下塗り材は水に弱いので、下塗り工程のみの状態で雨が降ってしまうと、塗膜が流れてしまう事があります。

雨の状態をチェックしながら塗装工事を行い、雨に当たらないうちに上塗りを塗布して仕上げるようにしましょう。

塗装工事を行う時には「地域で技術力の高い」業者に依頼しよう!

アクリル塗料は、耐久性が乏しいのが難点ですが、安価で扱いやすい材料です。

DIYでお金を掛けずに塗装工事を行うのであれば、度重なるメンテナンスも視野に入れて自分で行うのも、1つの方法と言えるでしょう。

ただ、こう言った塗料を用いる時には熟練の技術が必要です。しっかり地域で安心出来る会社を選定される事をおすすめ致します。

しっかりした腕を持っている会社に依頼すれば、通常より1.5倍程度は長持ちする事も有ります。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

壁紙のリフォームする時には巾木も一緒に交換しましょう!

壁紙の巾木

壁紙のリフォームは、内壁全体が綺麗に生まれ変わるので、クリーンで快適な空間を作る事が出来ます。

まるで新築のような、快適空間になります。そんな風に壁紙が綺麗になって、ふと目に付くのが巾木ではないでしょうか。

壁紙のリフォームを行う時には巾木も交換する様にしよう

特に古いお宅でしたら、古臭い巾木がくっついたままになっているので、せっかくの新しい壁紙の魅力も半減してしまいます。

壁紙を張り替えるのであれば、巾木も取り替えましょう。巾木の取り換え方法は、以下の方法がございます。

▶佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

壁紙屋さんのみのリフォームの場合

壁紙のみのリフォームであれば大工さんの出入りが無いので、壁紙屋さんでも施工できるソフト巾木を取付けてもらいましょう。

既存の巾木の高さに合わせてもいいですし、ご自分の理想的な巾木の高さにしてもOKです。

ソフト巾木の高さは、40㎜、60㎜、75㎜、100㎜がございます。普及品が、60㎜と75㎜です。

大きい巾木も映えるので、100㎜を使っても良いでしょう。一般的なカラーの巾木や、木目のソフト巾木もございます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

大工さんもいる壁紙リフォームの場合

大工さんも居るリフォームの場合は、建材巾木やラワン等の天然木の巾木をオススメします。もちろん大工さんが行う巾木交換の方が品質は全然良いです。

ソフト巾木よりも立体感があって高価に見えますので、本来はコチラをオススメします。 一般的な1枚ものの巾木と、2つの構成になっているスライド巾木の、2種類がございます。

一般的な1枚ものの巾木の方が安価ですが、ちょっとした隙間等に柔軟に対応できるスライド巾木の方がオススメです。

建材巾木とラワン巾木がございますが、こちらは好みの問題です。

本物感を味わいたいのであれば、ラワン等の天然木のスライド巾木をオススメします。現代のメーカー木製建具と質感を合わせたい場合は、建材スライド巾木で良いでしょう。

壁紙と巾木は1つの物と考え、壁紙をリニューアルしたのであれば必ず巾木もリニューアルするようにするのがおすすめですよ。

壁紙や巾木の交換をするならリフォーム店に依頼しよう

こちらでご紹介した様に、出来れば大工さんを抱えているリフォーム会社に壁紙のリフォームは依頼するのが一番です。

見た目が良いのはもちろんの事、長持ちするリフォームを行う事ができます。

そういった業者を選ぶ時には、必ず最初にお住いの地域での評判をチェックする事をおすすめ致します。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

エンボス加工の化粧軒天を取り付けるメリットって何?

エンボス加工の軒天

軒天は、湿気などの外的刺激により、塗膜の劣化や軒天ボード自体の劣化を起こしてしまう事があります。

軒天リフォームの際にオススメしたいのが、既製品のエンボス加工が施されている化粧軒天材です。

防火構造にも使えるエンボス加工の既製品軒天ボード

軒天と言えば軒天ボードに塗装というのが一般的ですので、既製品の化粧軒天材と聞いてもピンとこないかもしれません。

軒天の材料は一般的な軒天ボードだけではなく、様々な既製品の軒天材があります。

特に、防火地域に該当する場合に使わなくてはいけない軒天材を探す際に迷った場合は、防火材料に該当する既製の軒天材料は多いのですので、オススメ出来ます。

ニチハやNBL、吉野石膏等、元からエンボス加工等で化粧仕上げしてある防火認定を受けている軒天材があります。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

化粧軒天ボードを利用すると工期を短縮できる!

化粧軒天ゆえに塗装工程を省略できるので、工程短縮にもつなげる事が出来るのも大きなメリットです。

カラーバリエーションにも富んでおり、ホワイトをはじめグレーやブラウン、ブラックなど、様々なカラーがあります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

個性的な軒天に仕上げる事が出来ますので、軒天がオシャレに早変わりします。

最終的にパテや塗装で仕上げる一般的な無塗装の軒天ボードとは違い、張るだけで軒天が完成になります。

その為、張る際の精度はとても重要となります。

下地の不陸の差は2㎜以内とし、軒天垂木はなるべく平らに仕上げる事が鉄則となります。

不陸が出てしまうと影を作ってしまうので、カッコ悪いジョイントを作ってしまう事もございます。

既製品の軒天を利用すると耐久性が高くなる

また、現場の塗装とは違い、工場で焼き付け塗装を行っているので、塗膜の劣化がしにくいのが大きなメリットと言えます。

軒天は湿気が滞留しやすい場所ですので、軒天の塗膜の劣化が起きてしまいやすいのが難点です。

化粧軒天を使う事で、軒天材自体の耐久性が高くなります。

一般的な軒天ボードに塗装を行う工法と比べると、軒天の寿命を高くさせる事が出来ます。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

目地のコーキング処理が外壁塗装ではとても重要です!

外壁塗装の目地処理

サイディングやALC、タイル、レンガなど、必ず外壁には目地があります。

外壁は、1枚で続けて作った方が絶対見た目がいいのに何故目地を作るのだろう、と思った事ありませんか。

目地が外壁塗装の時に必要な理由

外壁には、目地を作る事で様々な利点を生む事が出来ます。

建物には、動きが出ます。動きが発生する際に力が発生すると、力が弱い部分に動きが集中します。

外壁でいうと、開口部等の部位の角や、素材が薄い部分に発生してしまいます。

モルタル外壁の窓の角部分に斜めにクラックが発生してしまうのは、その理由からです。 このような動きを逃がしてあげる為に、外壁に目地を作ります。この目地の名称を、誘発目地といいます。

▶佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

外壁の目地部分の施工ポイント

サイディングやALCは、板のつなぎ目部分に目地を設け、コーキングを充填します。タイルやレンガなども、定期的な位置に目地を設け、コーキングを充填します。

目地部分が外壁の中の弱い部分となるので、力が逃げます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

コーキングは素材が柔らかくゴムの様に伸縮するので、上手く力を逃がす事が出来るのでクラックを作りません。

このように、2~3mの間隔で目地を設けてあげる事は、外壁に余計なクラックを発生させない為にとても必要な事となります。

その為、モルタル外壁にも同じく目地を設ける事で、外壁に余計なクラックを発生させずに済みます。

モルタル壁の場合は、モルタル塗布の際に目地棒を用いて、2~3mの間隔で目地を設けます。 コーキングを充填してその上から塗装し、誘発目地を完成させます。

外壁の誘発目地の施工はしっかり行ってもらいましょう

誘発目地は、外壁の寿命を高くする為には必要な部位です。

上手く力を逃がすだけで建物の寿命も高める事が出来ますので、必ず設ける様にしましょう。

今現在外壁に誘発目地が無い場合は、外壁塗装等のリフォームの際に目地を作るよう、業者さんに相談をしてみましょう。

これらを手抜きする様な会社は選ばない様にされるのがおすすめですよ。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

日本家屋風に外壁リフォームする時に定番の施工方法まとめ!

日本家屋風の外壁

外壁を日本家屋風にリフォームする場合は、昔の家屋の雰囲気を発揮できるような材質や色合いを取り入れる事がポイントとなります。

日本家屋風のリフォームは材料の選定と色合いで大きく左右される

以下のようなポイントを掴むと、日本家屋の独特の雰囲気に近づく事が出来ます。日本家屋の雰囲気によくある外壁の特徴を、まとめました。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

外壁を日本家屋風にリフォームする為の定番のポイント

外壁のベースの色を決める

日本家屋の外壁の多くは、外壁のベースを白系、紺系、グレー系の塗装に仕上げている場合が大半です。

一般的な塗装やジョリパッド等の化粧塗装を用いて、外壁のカラーのベースを決めましょう。

腰壁を木か石目調にする

昔の家屋は、腰より下の壁を石張りか木張りで納めているパターンが殆どです。

石張りはグレー系やブラウン系が多く、木張りはミディアム系やダークオーク系が多く見受けられます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

窓周りを木板で四方グルッと囲う

昔の家屋は木製の窓が殆どでしたので、日本家屋風の現代の建物は窓周りを木の板材でグルッと四方囲っているパターンを多く見受けられます。

ミディアム系やダークオーク系の色合いで仕上げた幅100㎜程の板材を、窓周りにグルッと貼り付けます。

部分的に木製のルーバーを設ける

木製のルーバーを取り付けると、木の雰囲気が外壁に沢山影響するので、日本家屋感を引き出してくれます。

木製で製作した物でも良いですし、既製の木製の雰囲気があるルーバーを使っても独特の雰囲気をかもし出します。

小屋部分の外壁に和風の小屋裏換気を設ける

小屋部分に和風の小屋裏換気を設けると、一気に昔の日本家屋風を引き出すアクセントを作る事が出来ます。

たったこれだけのポイントでも、かなりの日本家屋の雰囲気をかもし出す事が出来ます。 サッシの色合い等にも変化を付けると、更に昔ながらの雰囲気を発揮させる事が出来ます。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト