2017年 7月 の投稿一覧

セラミクリーンで外壁塗装する時の価格相場&6つの評価が高い塗料と言われる理由!

セラミクリーンで外壁塗装を行う価格相場

まともな業者の場合(30坪のお宅)・・・55万円~75万円前後


【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

セラミクリーンは外壁塗料の中で評価が高いけれど「施工する業者」はしっかり選ぼう

セラミクリーンは外壁塗料の中で評価が高いけれど「施工する業者」はしっかり選ぼう

外壁塗装を行う時に迷う方が多いのが「塗料選び」。性能や耐久度が違うのでどれで塗装をすべきか悩んでしまう方も多いと思います。

現在では、一般的な塗料として「シリコン塗料」が多く用いられています。

理由としては、格安だけれども長持ちする事が挙げられます。

中でもエスケー化研のセラミクリーンは、弾性セラミックシリコン系樹脂を主成分とした、機能性の高い塗料です。

シリコン塗料の中でも、セラミクリーンは大手メーカーから発売されている人気の塗料になります。

けれども、実績の多い塗料と言っても「塗装工事を行う業者の腕前」によってかなり効果は変わってきます。

激安業者の塗装は塗料を薄められたり、思わぬ塗りムラが発生してしまったり。

保証を付けていても言い逃れをしたり、気が付いたら会社がなくなっていたり。

だからこそ、外壁塗装会社は信頼できる会社を選ぶことがとても大事です。

下記には、佐倉市を中心に千葉で活躍している外壁塗装会社の評判を掲載しています。

こういった情報を参考に、良い外壁リフォーム会社を選ぶ様にしてくださいね。

エスケー化研「セラミクリーン」で外壁塗装を行う価格はいくら?平均的な大きさのお宅だと…

エスケー化研「セラミクリーン」で外壁塗装を行う価格はいくら?平均的な大きさのお宅だと…

外壁塗料を選ぶ時に考える事と言えば、値段」と「耐久度が一番気になる部分だと思います。

エスケー化研のセラミクリーンでリフォームする場合には、一般的な30坪のお宅の場合には50万円~75万円前後の価格になります。

中には激安価格の外壁塗装会社もいますが、冒頭にご説明した通り粗悪な塗装工事になりがちです。

リフォーム業者紹介サイト経由の業者も、無理な中間マージンを紹介サイトに搾取されているので、手抜き工事になる可能性があります。

こういった事を踏まえて、値段だけで選ぶのではなく「地域での信頼性」でもリフォーム会社は選ぶ様にしましょう。

一般的なセラミクリーンでの外壁塗装を行う耐用年数はどの程度見込めるの?

一般的なセラミクリーンでの外壁塗装を行う耐用年数はどの程度見込めるの?

シリコン塗料と言っても、セラミクリーンは水性塗料。なので、溶剤系(油性)の塗料と比べると当然耐用年数は劣ります

基本的な耐用年数の目安としては、大体8年~10年前後が一般的です。

溶剤系の塗料であれば10年~12年は持つので、可能であれば溶剤系のクリーンマイルドシリコン等を選ばれるのがお勧めです。

水性塗料の場合にはツヤが少ないので、そういう好みの方にはセラミクリーン等水性塗料がおすすめです。

エスケー化研のセラミクリーンが評判が良い6つの理由

エスケー化研のセラミクリーンが評判が良い6つの理由

セラミクリーンが外壁塗料の中でも評判が良いと言われるには理由が勿論あります。

通常の水性塗料よりも耐久度が高かったり、汚れにくい塗料だったり。

多くのご家庭に使われている実績があるだけの「塗料が持つ性能」が優れている部分が有るのです。

下記にはそういった、セラミクリーンが評判になる6つの理由について詳しく解説しています。

セラミクリーンはひび割れに強い!高い弾性効果を発揮

セラミクリーンはひび割れに強い!高い弾性効果を発揮

セラミクリーンは高い弾性効果を発揮し、塗布素材に発生してしまう動きに対応する事ができる塗料です。

追従効果により、素材にクラック等の動きが発生しても塗膜が伸びる事で、表面上クラックを発生させずに済みます。

その為、クラックが発生しても塗膜がゴムの様に伸びて追従しますので、クラックに雨水の侵入を防ぐのです。

クラックが発生している動きが多い建物でも、セラミクリーンの追従効果により雨漏りの心配を無くす事ができます。

セラミクリーンは水性塗料の中では耐久性に富んでいる

セラミクリーンは水性塗料の中では耐久性に富んでいる

セラミクリーンには、耐久性の高いセラミックシリコン樹脂を配合した事で、水性塗料にしては高耐久の塗膜とする事を実現しました。

長期に渡って強固な塗膜をキープする事ができるので、コスパが高い塗膜とする事が出来ます。

光沢保持率に大変富んでおり、従来の塗料と比べると3倍以上の光沢保持率の高さを発揮します。

価格が手ごろなのにここまでの耐久性の高さは、大変優秀な塗料といえます。

外壁塗料セラミクリーンはカビに強くコケが生えにくい!

外壁塗料セラミクリーンはカビに強くコケが生えにくい!

特殊素材配合により、長期に渡り微生物汚染を防ぎます。

カビや藻の発生を抑える事ができ、クリーンな塗膜をキープする事ができます。

カビが発生しやすいお宅や物陰の外壁でも、セラミクリーンは高い清潔感を発揮してくれます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

セラミクリーンで塗装を行うと透湿性の高くなり「結露」が発生しにくくなる!

セラミクリーンで塗装を行うと透湿性の高くなり「結露」が発生しにくくなる!

透湿性に富んだ塗膜であり、結露防止に導く事ができます。

また、弾性塗膜にありがちなふくれの防止にも導き、精度の高い塗膜を作る事ができます。

塗膜の浸透性というのは想像以上に大事であり、塗膜も建物も快適な状態へと導く事ができる大変重要な機能となります。

セラミクリーンで塗装を行うと汚れにくく雨だれに強い!

セラミクリーンで塗装を行うと汚れにくく雨だれに強い!

セラミクリーンの塗膜表面は緻密な塗膜構造となっており、親水性を発揮し低汚染性を実現します。

塗膜に汚れが付着しても、雨が流れる事で一緒に洗い流して綺麗な状態を保てます。

塗膜表面に汚れが溜まりにくくなりますので、綺麗な塗膜をキープする力が上がるんです。

汚れが溜まりにくいので、淡い色合いの塗装の色も採用が可能となります。

雨だれも目立たなくなりますので、色むらがない理想的な塗膜とする事が出来ます。

デリケートな赤ちゃんや妊婦さんがいても安心!水性塗料なので人体への影響が少ない

デリケートな赤ちゃんや妊婦さんがいても安心!水性塗料なので人体への影響が少ない

セラミクリーンは一般名称が高耐久・低汚染方水性セラミックシリコン単層弾性塗材であり、水性塗料です。

ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆ですので、安心して採用出来る塗料です。

赤ちゃんや妊婦さんなど塗料の不快感を与えたくない方が居る場合は、セラミクリーンは大変おすすめです。

こんなお宅に最適です!セラミクリーンはこのような建物に効果を発揮する塗料です

こんなお宅に最適です!セラミクリーンはこのような建物に効果を発揮する塗料です

では実際に、どういうお宅にセラミクリーンは効果を発揮するのか?

うちはセラミクリーンで外壁塗装しても大丈夫なの?

外壁塗装をお考えの方は、ここまで読まれてそう感じた方も多いかと思います。

下記には先に記載しました特徴から、セラミクリーンで外壁塗装を行う際に適しているお宅のケースをまとめましたのでご参考ください。

セラミクリーンはクラックが発生している建物に最適!塗膜がクラックから守ります

セラミクリーンはクラックが発生している建物に最適!塗膜がクラックから守ります

クラックの発生が多い建物は、常に動きが生じている証拠となります。

その為、クラック自体を補修しても再度違う場所にクラックが入ってしまい、いたちごっこ状態となってしまいます。

セラミクリーンは弾性塗料ですので、外壁にクラックが発生していてもその上のゴム状の塗膜を塗布する事で、建物の動きに塗膜がゴムの様についていく事で、クラック部分をゴム状の塗膜で覆い隠す事が可能となります。

クラックは塗膜表面に発生しませんので、クラックに雨水の影響を与えずに済みます。

クラックが雨漏り原因となっていたお宅でも、セラミクリーンの弾性効果により雨漏りの心配がない建物へと導く事ができます。

外壁を薄い色合いの塗料で塗装したいとお考えの方にセラミクリーンはおすすめ!

外壁を薄い色合いの塗料で塗装したいとお考えの方にセラミクリーンはおすすめ!

外部は外的汚染により汚れやすくなってしまう為、薄い色合いのカラーは選ぶ事が出来ませんでした

しかし、親水効果があるセラミクリーンなら、塗膜に付着した汚れを浮かせて綺麗に洗い流す事が可能ですので、白や淡い色合いであっても汚れにくい塗膜とする事が出来ます。

塗膜を長持ちさせたい!毎度のメンテナンスが面倒な方にセラミクリーンはマッチしています

塗膜を長持ちさせたい!毎度のメンテナンスが面倒な方にセラミクリーンはマッチしています

塗膜を長持ちしてメンテナンスに手間がかからないようにしたい場合は、セラミクリーンの耐久性の高さにより叶える事が可能となります。

抜群の耐久性により、長持ちする塗膜へと導く事ができます。

塗替えで採用した場合は、メンテナンスフリーにする事も可能となります。

カビや湿気に困っているお宅からセラミクリーンは守ってくれます!

カビや湿気に困っているお宅からセラミクリーンは守ってくれます!

古い建物はカビや湿気が滞留しやすく、古さゆえ仕方のない事と思われている方もいらっしゃると思います

セラミクリーンの透湿機能は、室内の不要な湿気を塗膜を通じて外部に放出する事が可能となります。

余分な湿気が内部に無くなる事で、カビや湿気に悩まない快適な建物とする事が出来ます。

セラミクリーンで外壁塗装を行う際の注意点やポイントをまとめると…

セラミクリーンで外壁塗装を行う際の注意点やポイントをまとめると…

  • セラミクリーンでの外壁塗装は信頼できる会社にお願いしよう
  • 外壁塗装を行う価格相場は55万円~75万円前後
  • 耐用年数は8年~10年程が一般的
  • セラミクリーンで外壁塗装を行うメリットは大きく分けて6つ!

いかがでしたでしょうか。

セラミクリーンは大変機能性が高く、コスパも良い優秀な塗料です。

外壁の塗装に迷ったら、セラミクリーンの採用を考えてみてはどうでしょうか。

しかしセラミクリーンの機能性の高さは、しっかりとした塗装工程を踏まない事では発揮させる事ができません。

業者の腕により機能性が左右されてしまいますので、地元の信用できる業者にお願いされるのが最も正しい選択です。

下記には佐倉市エリアの外壁リフォーム会社の評判を掲載しています。

こういった情報を参考に、信頼できるリフォーム会社を見つけてくださいね。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

塗料の種類別!外壁塗装と屋根塗装の耐用年数&間違った塗料を選ばない為の秘訣!

外壁塗装と屋根塗装の耐用年数&間違った塗料を選ばない為の秘訣


【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

ご存知でしたか?外壁塗装と屋根塗装の耐用年数は塗料によって全然違うんです

知っておきたい塗料別外壁塗装と屋根塗装の耐用年数!!

外壁塗装と屋根塗装は、塗料の種類により耐用年数は異なるのはご存じでしょうか?

一般的に塗装工事が必要なタイミングは、塗料別耐用年数の目安があり、それがバロメーターとなります。

しかし、塗料の種類によっては10年持つ場合と3~4年しか持たないものもあります。

だからこそ、塗料の機能や特徴を把握した上での塗料選びがとても大事なんです。

塗装の知識を持って悪徳業者に付け入る暇を与えない!工事は施工のしっかりした業者に依頼しよう

塗装の知識を持って悪徳業者に付け入る暇を与えない!工事は施工のしっかりした業者に依頼しよう

そうは言っても外回りの工事などは専門用語が多くなかなか覚えるのはたいへんかもしれません。

しかしリフォームの中で外装工事は、訪問販売や悪徳業者などのクレームが最も多い工事であり、追加工事や手抜き工事も行いやすいというのが通例になっています。

そのような業者に騙されないよう、正しい塗装の情報を知っておくことはやはり大切なことなのです。

また耐年数を持たせるためにはしっかりとした工事とメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。

ですので外装工事のリフォームは、地域で信頼されていて評判が高い業者を探すことがとても大事です。

下記には佐倉市を中心に千葉県内でで外装工事を行っているリフォーム会社の評判をまとめています。リフォーム工事で失敗したくない方はご参考される事をお勧めいたします。

 

塗料の種類別!『外壁塗装』で用いられる塗料の耐用年数を詳しく調べると…

外壁塗装の耐用年数は、各塗料メーカーの商品ごとに細かく定められています。
それらをわかりやすく、塗料の種類別に耐用年数をご紹介しまので覚えておきましょう。

種類別外壁塗料の耐用年数を知っておこう

アクリル系塗料
耐用年数:4~7年
耐久性に乏しいが、塗料自体が安価なのでコスパが良い。
汚れやすい塗料なので、少しの年数で見た目が悪くなってしまう。
頻繁に塗替えを楽しみたい方にオススメの塗料
ウレタン塗料
耐用年数:6~10年
汚れや色あせに強い塗料であり、耐久性と施工性に富んでいる。
シリコン塗料人気の為、あまり使われることがなくなった塗料
シリコン塗料
耐用年数:8~15年
コスパが大変よく普及品の親しまれている塗料。
汚れや色落ちに強く、防カビ性や防藻性等機能性に富んでいる塗料が多い。
塗装屋さんに指定しなければシリコン塗料で見積もってくることが大半。
ラジカル塗料
耐用年数:8~15年
発売されて年数が経っていない比較的新しい塗料
耐久性に富んでおりコスパが高いと支持されている。
親水性が高く汚れにくい
光触媒塗料
耐用年数:10~15年
耐久性に大変富んでおりコスパが高い塗料。
雨や太陽の光などにより親水性効果を発揮しキレイな塗膜をキープさせる。
光が当たらない部位には効果を発揮しない。
フッ素系塗料
耐用年数:15~20年
フライパンのフッ素加工のように汚れを浮かせて雨で洗い流す親水効果を発揮。
耐久性に富んでおり長期に渡り使い続けることができる塗膜。
光沢感が良くキレイな塗膜を発揮する。
遮熱塗料
耐用年数:15~20年
耐久性が高く長期に渡り塗膜を使い続けることができる。
遮熱効果があり紫外線を跳ね除ける効果を発揮する為、省エネ効果を発揮する。
自治体により、補助金を受けてリフォームをすることが可能な場合があり。
断熱塗料
耐用年数:15~20年
耐久性が高く長期に渡り塗膜を使い続けることができる。
断熱効果があり熱伝導率が低いので省エネ効果を発揮する。
自治体により、補助金を受けてリフォームをすることが可能な場合があり。

このように、採用する塗料により耐用年数はマチマチです。

現在はシリコン塗料が主流であり、シリコン塗料の場合、最低10年は持つと言われております。※溶剤系塗料の場合。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

この10年が基準となり、それより高い耐久性を求めるのであればより機能的な塗料を採用するという考えで塗料は選ぶのがベストです。

屋根塗料の種類別耐用年数の違い

屋根塗装の耐用年数も、外壁塗装の耐用年数と同様に各塗料メーカーの商品ごとに細かく定められております。
しかし、それらを細かく書くとわかりにくいので、おおまかに塗料の種類別に耐用年数をご紹介していきます。

屋根塗料の種類別耐用年数の違い

アクリル塗料
耐用年数:3~5年
屋根のような外的刺激に強い部位には、非常に耐用年数が低い塗料。
頻繁に塗り替えたい方には適しているが、塗り替え頻度は相当高い。
耐用年数が低い分、屋根の様な防水を求める部位には適していない塗料といえる。
ウレタン塗料
耐用年数:5~7年
防汚性や成功性に富んでいる
止水効果があるので、屋根のような防水性を求める部位には適した塗料
シリコン塗料が人気なので、近年は見かけなくなった塗料
シリコン塗料
耐用年数:7~10年
耐久性に富んでおり、屋根塗料の普及品塗料として人気。
塗装屋さんに指定しなければシリコン塗料で見積もりされるほどの定番塗料。
フッ素系塗料
耐用年数:10~15年
フライパンのフッ素加工のように汚れを浮かせて雨で洗い流す、親水性に富んだ塗料
塗膜が堅いのでトタン屋根のような動きが鈍い材料に適している。
目が届きにくい屋根をキレイにキープ、美観が継続できる。
無機塗料
耐用年数:10~15年
ガラスなどの無機材を塗料に混ぜた塗料であり、耐久性に富んだ塗料
塗膜が堅いので、トタン屋根の様な動きが少ない屋根に適している。
親水性に富んでおり、屋根の様な目の届きにくい部位でもキレイをキープできる。

このように、外壁と同じ塗料であっても屋根に使うと耐用年数が短くなってしまう事がわかると思います。

その理由は、屋根は直射日光を浴びやすい部位の為、紫外線等の外的刺激により塗膜が侵されやすい環境であるからです。

その為、同じ種類の塗料を屋根に使っても、外壁と屋根とでは耐用年数に数年の違いが発生してしまいます。

屋根材の種類によっても塗り替えのタイミングは違うんです!素材別の目安も知っておこう

屋根の種類別塗り替え目安も知っておこう

また、屋根の素材によっても多少塗り替えタイミングが変わってきます。下記の様な素材別の目安もご参考ください。

スレート瓦 塗り替え時期の目安約7~8年
セメント瓦 塗り替え時期の目安約7~8年
金属屋根 塗り替え時期の目安約7~10年

外壁と屋根の塗り替え工事は「同時期」に行うと大分お得に済ませられるんです!

外壁と屋根。一緒に塗装するとお得な理由

外壁塗装と屋根塗装は、同じタイミングで塗装をするとお得になります。

理由は足場代を共通して使うことができるので、余計な仮設費用がかからないからです。

外壁は目に付きやすいので、外壁の塗装工事を考え始めたら屋根も業者に一緒に見てもらって塗装時期の目安を相談するようにしましょう

塗料別外壁塗装と屋根塗装の耐用年数の違いと知識をまとめると

塗料別外壁塗装と屋根塗装の耐用年数の違いと知識をまとめると

  • 外壁も屋根も塗料の種類によって3~10年もの違いがある
  • 不透明な業者には正しい塗装の知識が大切
  • 現在はシリコン塗料が主流。どのメーカーでも耐年数は10年ほど
  • 外壁と屋根は同じ塗料でも屋根の方が耐用年数が短い
  • 外壁と屋根は一緒に塗装する事とお得

このように、外壁や屋根の塗り替えをご検討の際は、以上のポイントを参考にしてください。

選んだ塗料やタイミングで塗膜や建物に与える影響は大きいことから、あなたの家に状況にあった施工を行ってくれる「信頼できる会社」に外回りのリフォームは依頼してください。

下記にはそういった、屋根や外壁リフォーム会社の評判を掲載しています。失敗しない業者選びを行いたい方は、こういった情報を参考にされてくださいね。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

外壁塗装で50坪の家を塗り替えする値段相場&シロウトでもわかる塗料の性能比較!

50坪の一軒家の外装塗装工事の相場価格

まともな施工業者の平均価格相場(シリコン塗料): 80~110万前後


【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

50坪の家の外壁リフォームを行うなら信頼できる業者に依頼すべきです!

外壁塗装リフォーム50坪の家の相場と塗装別ぶっちゃけ価格!リフォームは適正価格の信頼できる業者に依頼しよう

外装塗装リフォームは一戸建て住宅にとって避けられない工事です。

しかし、工事の専門性が高く専門用語も多いので、一般の方にはなかなか理解しにくい工事の一つです。

そのため、訪問販売など業者の言いなりに高額な工事を行ったなどの話は実際にあるので注意が必要です。
またそのような業者はわざと難しい言葉を使いわかりにくくしていることもあるようです。

50坪の広さのお家をお持ちなのであれば、当然費用もそれなりに発生します。すると悪質業者の施工に手直しが必要になった時の金額も比例して大きくなってしまいます。

ですので、外装塗装リフォームで大切なことは適切な費用を知り、信頼のおける業者を選ぶことと言えます。

下記には佐倉市内で外装塗装リフォーム工事を行っている会社の口コミによる評判をまとめています。
外壁塗装リフォームを考えている方は、このような情報を参考に業者を選ぶことをおすすめします。

外壁塗装リフォームの適切な時期と口コミのよい業者を主体的に選びたい理由

外壁塗装リフォームの適切な時期と口コミのよい業者を主体的に選びたい理由

では、外装塗装リフォームを業者の言いなりにならず満足な仕上がりにしたい場合はどのようにしたら良いのでしょうか?

まず言えるのは、ある程度の基礎知識を持つことです。

例えば素材についての特徴を知る、セルフチェックで適切な時期を知る、また下記の様な大まかな種類と価格を知る、などは覚えておきたいですね。

その上で予算と時期を選び業者を選出するのが理想的な流れと言えるでしょう。

外装塗装は種類によって価格や耐年数も違いますし、職人の腕に差がでる工事の一つです。薄く塗られたり、必要でない場所に塗られたり、実際多くのトラブルが発生しています。

このようなことにならないように、適正価格で工事を行う信頼できる業者で失敗の無いリフォームを行ってくださいね。

シロウトにもわかる!50坪の外装塗装工事における6種類の塗料別相場価格&耐年数の比較

シロウトにもわかる外装塗装工事における6種類の塗料別相場価格&耐年数の比較

では、実際に50坪の建物に外壁塗装工事をした費用の相場はいくらなのでしょうか?

まず工事をする前に見積りをとりますが、本当にこの価格でいいの?そもそも適正価格がわからない、などの疑問を持たれる方がほとんどです。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

下記には1番わかりやすい坪数での外壁塗装工事の目安を調べてみました。業者に見積りをとられる際はこれらを参考にしてみてくださいね。

この価格より大幅に安かったり高い場合は何らかの理由が存在する可能性がありますので、納得できるまで業者に聞くことが大切です。

以下は外壁塗装工事での50坪の建物における塗料別相場価格と耐年数をまとめたものですのでご参考ください。

50坪の建物における塗料別相場価格と耐年数

アクリル塗料の耐年数と相場
耐用年数:5~8年
相場の費用:60~90万円
ウレタン塗料の耐年数と相場
耐用年数:8~10年
相場の費用:70~100万円
シリコン塗料の耐年数と相場
耐用年数:10~15年
相場の費用:80~110万円
フッ素塗料の耐年数と相場
耐用年数:15~20年
相場の費用:90~130万円
無機塗料の耐年数と相場
耐用年数:10~20年(樹脂の種類により差があり)
相場の費用:100~150万円
光触媒塗料の耐年数と相場
耐用年数:18~20年
相場の費用:110~160万円

相場より高くなってしまう事も有る!追加工事が発生してしまう3つの要因

外壁塗装リフォーム価格が相場より高くなってしまう3つの要因

上記のように50坪の建物に外壁塗装工事をした費用の相場を知っておくと何かの時に役に立つことでしょう。

しかし、いくら相場価格とはいえ、劣化状況によっては追加工事が必要な場合があります。例えば土台工事の追加や、自分では発見できなかった修理箇所などです。

特に一括見積りの場合などはこれらが記載されていないことが多いので注意が必要です。

中には塗料を薄くして見積り金額以外の工事はしない、逆に不必要な工事で多くを請求するなどの悪質な事例があるからです。

ですので、見積りで追加工事の有無などを詳しく記載している業者は信頼ができると言えます。

下記を参考に、ご自宅の外壁リフォームの予算と時期をシュミレーションし、信頼できる業者に見積りを依頼しましょうね。

外壁の劣化が著しい場合
外壁の劣化が著しい場合
外壁塗装の費用の目安は、あくまで塗装を行う分の費用です。
その為には、下地がしっかりしている事が前提となります。
外壁の傷み具合が進行している場合は、外壁自体の補修を含めた費用が必要となります。

外壁シーリングの劣化
外壁シーリングの劣化

外壁にシーリングが使用されている場合はシーリングの打ち直し費用がかかります。
シーリングは5~7年程度で劣化してしまいますので、外壁塗装のタイミングの際には打ち直しが必要となります。
シーリングには打ち増しと打ち替えがありますが、必ず打ち直しを行いましょう。
打ち増しでは既存のシーリングと新しいシーリングとが馴染みませんので意味がありません。
シーリングの打ち替えの相場は、m当たり900~1500円程です。

外壁工事の際の足場の設置が難しい場合
外壁工事の際の足場の設置が難しい場合
隣家との境界線と外壁との空間が狭い場合の一般的な足場が設置できない場合は、足場代の費用が割増しになってしまうこともあります。
しかし屋根工事などを一緒に行うと一度に済むというメリットもありますので業者に相談してみましょう。

50坪の一軒家の外装塗装工事の知っておくべき相場価格と良い業者選びをまとめると

50坪の一軒家の外装塗装工事の知っておくべき相場価格と良い業者選びをまとめると

  • 外装塗装のリフォーム工事は口コミのよい信頼できる業者に依頼しよう
  • アクリルから光触媒まで塗装の種類別に耐年と価格の相場を知っておくとよい
  • 追加工事の見積りが誠実な業者を選ぼう
  • 別料金の足場を利用して屋根工事も行うなどお得にリフォームをしよう

以上が50坪の家における外壁塗装工事の塗装別相場価格と耐年数をまとめたものです。
劣化状況によっては追加費用もかかりますので、覚えておきたいですね。

もし外壁塗装工事を考えている場合は、外壁塗装工事の事例が多く、口コミで評判のよいリフォーム会社に見積もりを依頼することをおすすめします。

外壁塗装工事を行う場合は下記のような情報を参考に後悔のないリフォームにしてくださいね。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト