防音効果を高める為の外壁工事を行う際に知って置くポイント!

防音効果

外壁の防音性を高める為には、遮音と吸音を上手く利用するのがカギとなります。

一般的な外壁は、内側からプラスターボードを張ってグラスウール、外壁下地材、外壁仕上げ、このような並びが一般的となっております。

外壁の防音性を高めるリフォームをする際のポイント

この中に、遮音性と吸音性が高い材料を含ませる事で、外壁の防音に役立てる事が出来ます。

▼外壁の塗装作業の腕が良いと地元で評判の業者をチェック

プラスターボードは、12.5㎜の2枚重ねの防音仕様にする

マンションの界壁のように、12.5㎜のプラスターボードを2重にします。

プラスターボードには吸音性がありますので、音を吸収して漏らさない作用に促してくれます。

ポイントは、継ぎ目の位置を同じ位置に設けず、変える事です。 もう1つ、小屋裏までプラスターボードを施しましょう。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

外壁に遮音シートを張る

プラスターボードと柱等の構造材の間に、遮音シートを張ります。プラスターボードと同じく、小屋裏まで施します。

壁の断熱材をファイバー系に変える

グラスウールのような板状の断熱材では、隅々にまで断熱材を充填させる事が不可能となります。

その為、ファイバー状の断熱材を吹く事で、壁の細かい隅から隅まで断熱材を充填させる事が出来ます。こちらも、小屋裏まで施します。

FP板を外壁下地に張る

柱等の構造材の外側に、FP板を張ります。吸音性があるので、音を漏らさずに済みます。理想は、50㎜です。

FP板のジョイント部分には、防水テープを使うと遮音性を高める事が出来ます。窓周り等も全て、丁寧に防水テープを張りましょう。

サッシ自体も遮音性を高める素材を選びましょう

これだけの遮音性・吸音性の材料を徹底して使うと、かなりの防音性を高める事が出来ます。

あとは、ガラスも防音性の高いものに取り換えたり、サッシ自体もアルミであれば遮音性が低いので、樹脂製に取り換える事をオススメします。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁塗装リフォーム会社おすすめリスト

最も千葉で評判が寄せられる「外壁・屋根のリフォーム会社」


現在外壁塗装を考えているけど業者選びに悩んでいる


地域でどのリフォーム会社を選べば失敗しないのかしりたい


安かろう悪かろうでは無く「安くて良い外壁リフォーム」をしてくれる会社は無いの?




そう言う方に、2016年現在最も評価の高い外壁リフォーム会社をご紹介します。

ケアフルの外壁塗装
ケアフルの外壁リフォームの詳細を確認する




【ケアフルの外壁リフォームが評判が良い理由】




  • ・工事担当者なので余計な営業っ気がなく、しつこい売り込み等が無い

  • ・工事を担当する人が見積もり~完了まで一括してくれるので安心

  • ・専門の担当者が、一件一件家を無料で調査して最もコスパの良いリフォームを提案

  • ・依頼する側の予算と、家の状況に最も良い選択を導き出してくれる



もし千葉県内で外壁リフォームをお考えの方は、こう言った評判になっている良心的なリフォーム店に御相談されるのがおすすめですよ。

ケアフルリフォームの詳細を今すぐ確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)