外壁部分の工事の基礎知識

杉板での外壁リフォームはメリットが多いけど業者選びが重要!

杉板の外壁

杉板の特徴は、耐久性に優れている事

外壁に日本風でナチュラルな雰囲気を引き出してくれるのが、杉板です。
杉板は自然素材ですので、1枚1枚木目が異なるのが嫌だという方もいますが、その違いが本物さを引き出して独特の雰囲気を引き出してくれます。
木材ですが耐久性が高い木材ですので、外部に使う事に適しています。

▼佐倉市の外壁リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

杉板の取り扱いの注意点

杉板の外壁での注意点

杉板は自然木材ですので、様々な取り扱いの注意点があります。

表面に塗装を施さなくてはいけない
杉板を外壁に使う際は、表面等に塗装の処理を行わなければなりません。杉板の呼吸を妨げないよう、浸透性保護塗料を使う事をオススメします。

大事なのは、表面だけじゃなく裏面や小口にもしっかり塗装をしなければならない事です。小口に塗装処理をする事で、反りを少なくさせる事が出来ます。

また、杉板劣化防止にも役立つので、杉板全ての面に塗装処理を行います。

防水シートを必ず下地に張る
防水効果と湿度調整効果の為に、防水シートを下地に張ります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

張る前必ず仮並べを行う
天然木なので、1枚ごとに色合いや木目が異なるので、張る前には必ず仮並べをしましょう。
1枚1枚いきなり張ると、色合いにムラがでてしまいカッコ悪くさせてしまう事があります。

軟らかいので取り扱いには注意
杉板は柔らかい材料ですので、破損しやすい材料です。
その為、取り扱いには十分に気を付けて行いましょう。

杉板を外壁に使う際は軒の出を出す
杉板は耐候性が高いですが、雨には弱いです。
雨に当たった途端腐ると言われており、塗装を施しても極力雨が当たらないようにしなければなりません。
その為、必ず軒の出を出して雨水を杉板に当てないようにしましょう。

水切りを付ける
下部に水切りを付ける事で、上手く雨水を切る事が出来て腐蝕防止に役立てる事が出来ます。

杉板を外壁に使うなら業者選びはとても重要です

杉板は外部に使う事に向いている木材ですので、扱い方さえ間違わなければ快適な外壁にする事が出来ます。

けれども、木の素材の知識と外壁に関する知識、両方持っている信頼できる業者に仕事は依頼すべきです。

可能で有れば、全国展開している大手では無く、地元で評判の会社さんに依頼をされるのがおすすめ致します。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

外壁工事の時にパラボラアンテナに不具合が起きた時の対処法!

外壁工事のアンテナの不具合

外壁工事には、有料放送が受信できなくなるリスクもある

外壁工事を行っている期間、足場をグルッと回す事でパラボラアンテナの受信がさえぎられてしまい、スカパー等の有料放送が観られなくなる事があります。
外壁工事は1~2日では終わりませんので、工事期間中ずっと観られないという状態になってしまう事があるので、注意が必要です。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

万が一、有料放送が受信できなくなった時の対処法

足場設立の際に有料放送の電波がキャッチ出来なくなった理由は、骨組みの1部分が電波を遮っている証拠となります。
更に、足場にシートを掛けると、なおさら受信が悪くなってしまいます。
この場合は、よく映る位置に臨時にパラボナアンテナを移動するようにすると良いでしょう。
もしも外壁工事によって受信状態が悪くなってしまったら、移動と費用は外壁工事の業者にお願いしましょう。

また、外壁工事の際にもう1つあるパラボラアンテナのトラブルは、外壁工事後です。
外壁工事完了後、パラボラアンテナの向きが微妙に変わってしまい、有料放送が思うように映らなくなる事があります。
ちょっとした向きの違いでの受信不良なのですが、パラボラアンテナは角度調整が難しいので、素人が安易に直す事は難しいです。
明らかに工事中に角度が変わってしまったのであれば、外壁工事を行った業者に調整してもらいましょう。
もちろん費用は、業者が持ってくれるのが通常です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

こうしたトラブルに巻き込まれない為に出来ること

事前にチェック

外壁工事を行う際は、このようにどうしてもパラボラアンテナの不具合に遭遇してしまう事があるので、事前にパラボラアンテナの事について相談をしておくと良いでしょう。
事前にお話しする事で、パラボラアンテナの受信状態も加味して工事を進めてくれます。

お客様持ちでパラボラアンテナの移動であっても、安価な費用で済みます。
パラボラアンテナは使っているうちに微量に向きが変わってしまうので、外壁工事の際に確実な向きにパラボラアンテナを修正してもらうのも良い方法です。
受信状態が良くなるので、とてもオススメです。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

ラピスを外壁塗料として使うのはアリ?メリットや効果まとめ

ラピス

ラピスは、自然石と高温で焼成した無機質骨材を含んだ、多彩な発色と立体感を引き出す塗料です。

アペティーのラピスは省エネ効果と強い塗膜を作る外壁塗料

簡単なメリットとしては、骨材に透過性があるので色味に深みと奥行きを発揮してくれます。

独自の配合で塗料を軽くしたので、外壁に負担をかけたくない改修工事に非常に適した塗料です。

ラピスには、多彩なメリットがあります。その多くを抜粋して、ご紹介いたします。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

ラピスを外壁塗料として用いる際に得られる効果とメリット

ラピスは熱伝導率が低い塗料

無機質骨材を主成分にし、且つ塗膜の厚みにより、熱伝導率の低い塗膜にする事が出来ます。

住宅の省エネ性を高める事が出来るので、快適な建物にする事が出来ます。光熱費の節約など、生活しやすい環境を作ってくれます。

防水性と通気性が通常の塗料より高い

セラミック配合により、高い防水性と優れた通気性がある塗料です。建物内部の結露を軽減できるので、建物の寿命を高める事が出来ます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

カビ等の結露に困っている建物に塗布すると、その劣悪状態を改善してくれる優れもの塗料です。

撥水系のあるトップコート

優れた撥水性のある独自のシリコントップコートは、長期間撥水効果を維持してくれます。

フッ素コーティングを採用すると、更に撥水効果を高める事が出来、優れた外壁にする事が出来ます。

水性の外壁塗料の中では耐久性が高い

含まれている無機質骨材は高温で焼成して作っており、更に高品質エマルションを主成分にしているので、長期に渡ってひび割れや著しい変色等を起こしません。

耐久性や耐候性が高いので、建物を長い間保護してくれます。

デメリットといえば、普及が少ない塗料なので費用が高くなってしまう傾向があります。 ここまで優秀な塗料なので、皆さんに周知されたらもっと費用がお安くなると思います。

高い機能性を発揮して建物を守ってくれる、ラピス。

建物へのメンテナンスを少なくし、持ちの弱い水性塗料でも塗膜を長持ちしたいのであれば、とてもオススメな塗料です。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁塗装会社おすすめリスト

黒カビを外壁から取り除く時に!【格安に抑える3つの方法】

外壁の黒カビ

外壁の北側等、紫外線が当たらなくジメジメしてしまう外壁面には、徐々にカビや藻が付着するようになり、ついには黒カビを発生させてしまいます。

外壁に出来てしまった黒カビを綺麗に取り除く良い方法

カビや藻や、初期段階で綺麗にする事で簡単に取れるようになりますが、黒カビまで発展してしまうと、付着力が頑固なので取り除く事がとても大変です。

黒カビを綺麗に取り除く方法を、費用が安い順番でご紹介します。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

費用を抑えて外壁の黒カビを取り除く3つの方法

市販のカビ取り洗剤で取り除く

市販のカビ取り洗剤を付着させ、タワシで擦って取り除きます。

黒カビまでいってしまうと、タワシで擦るのも物凄く根気が居る作業となります。 かなり力を入れないと、綺麗にする事が出来ません。

想像以上に大変な作業ですので、途中で離脱してしまう方が大半のようです。

市販の洗浄機で取り除く

通販やホームセンター等で扱っている洗浄機を使い、黒カビを取り除きます。

最近の市販の洗浄機も結構な効果を発揮してくれるようなので、運が良ければ黒カビを綺麗に取り除く事が可能です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

高圧洗浄機で取り除く

頑固な黒カビは、やはりプロに頼んで高圧洗浄機にて取り除いてもらうのが1番です。

通常は水を使って高圧洗浄を掛けますが、頑固な黒カビの場合は薬品を使って取り除く事で、綺麗にする事が可能です。

高圧洗浄の費用は、㎡当たり100~300円程度ですので、10,000~30,000円程度しかかかりません。

薬品を使った場合は、高圧洗浄の費用に薬品の金額をプラスするだけですので、意外と安価です。

高圧洗浄を掛けると表面を薄っすら削ってしまうので、その後塗装工事を行う事をオススメします。

高圧洗浄を行うまで黒カビがこびりついている時は塗装のタイミング

高圧洗浄を掛ける程黒カビが進んでいる場合は、外壁の塗膜の耐久性も下がっている証拠です。

外壁塗装を行うタイミングでもあるので、一緒に行う事をオススメします。

塗装膜自体が弱くなって来てしまっている状態なので、雨風から壁材への水分の侵入を防げ無くなっている事が殆どです。

そう言う事も踏まえて、高圧洗浄を行う時には地元で評判の良い外壁塗装のリフォーム会社に依頼を行う様にしましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

スパンサイディングSは表面劣化が少なくメンテナンスフリー!

スパンサイディングSのメリット

スパンサイディングSとは、旭トステム外装より販売している、金属Danサイディングの中の1つです。

スパンサイディングSは表面劣化が少ない金属サイディング

名称通り、アルミスパンドレルのような模様と素材の雰囲気をかもし出し、ボーダーラインの凹凸が金属の綺麗さを引き立たせています。

無機質でカッコよさを表すモダンでスタイリッシュな雰囲気が、若い方を中心に人気を得ているサイディングです。

厚みは15㎜で表面はガルバリウム鋼板、縦張りでも横張りでも可能です。

カラーバリエーションは、ガンメタリックBF、シャインシルバーBF、ブラックメタリックBF、ダークブラウンBF、スモーキーブルーBF、チェリーレッドBF、ディープグリーンBF、スノーホワイトBFの8種類があります。

スパンサイディングSを外壁に用いるメリット

スパンサイディングSの素晴らしい部分は、ガルバリウムの表面加工をフッ素単色仕上げにしている事です。

フッ素系の塗装は、分子間の結合力が非常に強いので、外部からの劣化要因を遮断させる事が出来ます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

その為、表面劣化がしにくく、塗膜を長持ちさせる事が出来ます。塗膜10年保証ですので、10年間は表面劣化を気にする事がありません。

スパンサイディングSは長持ちな上メンテナンスフリーの素材

アルミサイディングは表面劣化が難点ですが、スパンサイディングSの表面加工は、そのような不安を全て無くす事に成功したサイディングです。

また、耐火等級が3等級ですので、45分準耐火構造にも使う事が出来ます。

スパンサイディングSは軽いサイディングですので、リフォームの際に現状の外壁にそのまま重ね張りする事にも最適です。

古い外壁にスパンサイディングSを張る事で、一気に現代風のカッコいい外壁へと変身します。

塗膜の持ちが良いので、リフォームで使うとメンテナンスフリーの外壁にする事も可能です。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

マンションの外壁は人気色を選ぶ!【色を決める際の考え方】

マンションの人気色

マンションの外観は、買い手や借りての目に付きやすくする為に、とても重要です。

マンションの外壁の人気色とカラー選定時のポイント

その為、外壁のカラー選びは大家さん側としては悩んでしまいますよね。

どのような外壁の色が、人気があるのでしょうか。こちらではそう言った、マンションの外壁の色選びについて詳しくご紹介致します。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

定番で目に付きやすい

マンションの定番で、どなたでも納得できる人気色は、ホワイト系、グレー系、ライトブラウン系、ブラウン系の4色です。

定番であり、マンションというイメージが付きやすいカラーなので、人気が絶えない色合いです。

若い方に人気のマンション外壁の色

若い方は、定番のカラーとは違うカラーを好む傾向があるようです。

人気色は、イエロー系、ブルー系、オレンジ系あり、パステルカラーやナチュラルカラー等の、ポップな色合いを好みます。

定番より、オリジナリティあるカラーを好むようです。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

しかし、原色では外壁の色としてしつこくなってしまうので、ナチュラルトーンのこれらの色にすると良いでしょう。

定番の人気色も若い方が好む色にも共通するのが、清潔感溢れるカラーにする事です。 古臭い外壁のカラーは、共通して好まれません。

マンションの外観にアクセントを付けたい場合は、手すりなどのアイテムの色にアクセントを付けると、建物が物凄く締まります。

マンションの外壁の色選びはプロに相談してみよう!

また、外壁のカラーを決める際に気にかけてほしいのが、周りの建物の外壁との調和です。

自分のマンションのカラーばかりを気にして、いざ外壁塗装工事が終わったら、周りの建物と全く調和されていない、なんて事があります。

マンションの周りの建物の外壁はどんなカラーをしているのかを把握し、マンションの外壁のカラーを選びましょう。

マンションの近くに緑地がある場合は、それも併せて考えます。建物のカラーリングを決めるのは、想像以上に難しいです。

その為、決め難いと思ったら、業者に頼んでカラーバリエーションをパース等に落としてもらうと、イメージが掴み易くなります。

こう言った様に、マンションの外壁の色選びは、信頼できるリフォーム店に相談しながら決めて行きましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

防水工事を行う時の騒音の大きさや上手な対処方法まとめ!

防水工事の騒音

屋根や外壁の防水工事は、発生しないようで騒音を大きく発してしまう工事です。

防水工事を行いたいけれど騒音はどの程度の音量なの?

雨漏り等が心配なので、そろそろ防水工事を行いたいけれど、ご近所に迷惑がかかってしまうんじゃないか?うるさくて家に居る子供やご老人に影響があるんじゃないか?

そう不安を感じる方もいらっしゃると思います。

では防水工事で発してしまう騒音とは、どのような作業なのでしょうか。こちらではそういった、防水工事の騒音について詳しく解説させて頂きます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

防水工事時に発生する騒音はこういった物がある

足場の騒音

防水部分は屋上などの高い部分が大半なので、施工部分まで直接たどり着けるルートが無ければ、足場を設立して行き来を行います。

足場設立の際や足場の上り下り、足場撤去の際に金属音が発生してしまいます。

金属音は高い音なので、想像以上に広範囲に響かせてしまうので、かなりの苦痛に繋げてしまいます。

既存防水層撤去時の騒音

リフォームの際に既存防水層を撤去する場合、下地まで根こそぎ綺麗に取り除かなければならないので、躯体に直接音が響いてしまいます。

サンダーの音やケレンの音など、直接構造材に響くとかなりの音量になります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

材料搬入の際の荷降ろしの騒音

高い場所での作業の為、使用材料はユニック車等で荷降ろしを行います。ユニック車の作動音や合図の声などが飛び交うので、騒がしいです。

防水工事自体の騒音

防水工事は躯体に直接施工を行うので、躯体に触れると常に不快な独特な音が響きます。 防水工事は何層もの構造で成り立っているので、数日この状態が続きます。

防水工事時の騒音が1番気になるのは、防水工事を行う階のすぐ下の階のお宅です。特に作業中は躯体に音が響いてくるので、想像以上の騒音に悩まされます。

防水工事の前にしっかりご近所に挨拶するリフォーム店を選ぶ

このような防水工事の騒音は、残念ながら抑える事は出来ません

特に防水工事の施工中は、綿密で丁寧な工程を行わなくては高い防水効果を発揮出来ないので、音を気にして施工を行う事は不可能といえます。

防水工事の目安は、防水工法はリフォームの方法にもよりますが、300㎡程で約1週間かかる事が大半です。

防水工事は下地が乾燥していなければ行う事が出来ませんので、少しでも湿潤状態があれば工事を行う事が出来ません。

けれども、こういった防水工事を行う際にはしっかりしたリフォーム会社なら事前にご近所に謝罪の挨拶にまわってくれます。

なので、防水工事を行う際にはそう言う細やかな対処をしてくれるリフォーム店に依頼をされる事がおすすめです。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

外壁にコンクリートブロック採用時のメリットデメリット!

コンクリートブロック

コンクリートブロックは立派な構造材なので、外壁に使う事ももちろん可能です。

コンクリートブロックを外壁に採用する事の大きなメリットは、鉄筋コンクリートの様な型枠が不要となるので、大幅に建築材料をカットする事が出来ます。

外壁にコンクリートブロックを使う事のメリットデメリット

コンクリートブロックを積む際にモルタルを使用しますが、鉄筋コンクリートに比べると湿式度が低いので、工期の短縮にもつなげる事が出来ます。

既に出来上がっている材料をただ積んでいくだけですので、とても効率的な材料と言えます。

また、積みあがった姿はコンクリート打ちっぱなしのような個性的なカッコよい姿を演出してくれます。

オシャレな外観になりますので、目を引く建物にする事が出来ます。

簡単に壊す事が出来るので、増改築が簡単に出来る部分も大きなメリットです。

ハンマーで簡単に壊す事が出来るので、増改築の工期短縮にも繋げる事が出来ます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

コンクリートブロックの外壁にするデメリット

効率的なメリットとは裏腹に、デメリットも多くあります。それは、コンクリートブロック特有の空間がある事です。

空間が多くある事で起きてしまう現象としては、音漏れです。

コンクリートブロックの中にきちんとモルタルを充填すれば何の問題ありませんが、コンクリートブロックの穴の中をきちんと確認する事が不可能なので、充填不足により音漏れを発生させてしまいます。

外部の音が聞こえやすくなり、内部の音も外に漏らしてしまいます。

コンクリートブロックの外壁は熟練のリフォーム店に依頼しよう

以前、ホテルの間仕切り等にコンクリートブロックが使われてきましたが、音漏れが酷いという事で今は採用されなくなりました。

熟練のブロック工や左官工に施工してもらえれば、このようなデメリットは無くす事が出来ます。

コンクリートブロックを外壁に採用する場合は、特に職人さんの熟練度が大きなカギとなります。だからこそ、しっかりしたリフォーム店に仕事は依頼する事が重要です。

使い方さえ間違わなければ、快適な外激になるコンクリートブロック。個性的な外壁つくりの為に、採用してみませんか。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

アクリル塗料とエナメル塗料どちらが良い?違いを検証!

アクリル塗料とエナメル塗料の違い

よく耳にする、アクリル塗料とエナメル塗料ですが、大きな違いは、アクリル塗料が水性で、エナメル塗料が油性という事です。

エナメル塗料は、鉄鋼面に使う事が主な塗料です。

アクリル塗料とエナメル塗料の違いって?

しかし近年においては、鉄鋼面には、合成樹脂エマルションペイント(EP)を使う事が、ここ数年増えました。

アクリル塗料は水性塗料で、コンクリートやモルタル等の素材に適した塗料です。住宅では、外壁や基礎、ポーチの床等に使われる事が多い塗料です。

耐候性や耐汚性、耐薬性、電気絶縁性に富んでいる材料です。

水性なので体に優しく、シンナーなどの溶剤は一切含まれておりません。しかし、水性なのに独特の臭いがして不快に思うのは、塗料自体の臭いです。

具合が悪くなる成分は配合していないので、アクリル塗料等の水性塗料で具合が悪くなる事はありえません。

水性でも塗料自体の臭いはしてしまい、その臭いは取り除けないので仕方ありません。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

アクリル塗料を選んだ時の注意ポイント

アクリル塗料の1つ難点な部分なのが、きちんとした下ごしらえ工程を行わなければ塗膜の耐久性が低い材料だという事です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

昔のモルタル外壁に塗布したアクリル塗装は、劣化が激しい物が多く見受けられます。

きちんと塗装をしたはずなのに、塗装が綺麗に薄くなっていて下地のモルタルが見えてしまっている外壁等をよく見かけます。

これは、塗装時の下ごしらえ工程がきちんと行われていない為、歴年の雨水でアクリル塗装が流れてしまった為と言えます。

また、塗装工程の下塗り材は水に弱いので、下塗り工程のみの状態で雨が降ってしまうと、塗膜が流れてしまう事があります。

雨の状態をチェックしながら塗装工事を行い、雨に当たらないうちに上塗りを塗布して仕上げるようにしましょう。

塗装工事を行う時には「地域で技術力の高い」業者に依頼しよう!

アクリル塗料は、耐久性が乏しいのが難点ですが、安価で扱いやすい材料です。

DIYでお金を掛けずに塗装工事を行うのであれば、度重なるメンテナンスも視野に入れて自分で行うのも、1つの方法と言えるでしょう。

ただ、こう言った塗料を用いる時には熟練の技術が必要です。しっかり地域で安心出来る会社を選定される事をおすすめ致します。

しっかりした腕を持っている会社に依頼すれば、通常より1.5倍程度は長持ちする事も有ります。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

目地のコーキング処理が外壁塗装ではとても重要です!

外壁塗装の目地処理

サイディングやALC、タイル、レンガなど、必ず外壁には目地があります。

外壁は、1枚で続けて作った方が絶対見た目がいいのに何故目地を作るのだろう、と思った事ありませんか。

目地が外壁塗装の時に必要な理由

外壁には、目地を作る事で様々な利点を生む事が出来ます。

建物には、動きが出ます。動きが発生する際に力が発生すると、力が弱い部分に動きが集中します。

外壁でいうと、開口部等の部位の角や、素材が薄い部分に発生してしまいます。

モルタル外壁の窓の角部分に斜めにクラックが発生してしまうのは、その理由からです。 このような動きを逃がしてあげる為に、外壁に目地を作ります。この目地の名称を、誘発目地といいます。

▶佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

外壁の目地部分の施工ポイント

サイディングやALCは、板のつなぎ目部分に目地を設け、コーキングを充填します。タイルやレンガなども、定期的な位置に目地を設け、コーキングを充填します。

目地部分が外壁の中の弱い部分となるので、力が逃げます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

コーキングは素材が柔らかくゴムの様に伸縮するので、上手く力を逃がす事が出来るのでクラックを作りません。

このように、2~3mの間隔で目地を設けてあげる事は、外壁に余計なクラックを発生させない為にとても必要な事となります。

その為、モルタル外壁にも同じく目地を設ける事で、外壁に余計なクラックを発生させずに済みます。

モルタル壁の場合は、モルタル塗布の際に目地棒を用いて、2~3mの間隔で目地を設けます。 コーキングを充填してその上から塗装し、誘発目地を完成させます。

外壁の誘発目地の施工はしっかり行ってもらいましょう

誘発目地は、外壁の寿命を高くする為には必要な部位です。

上手く力を逃がすだけで建物の寿命も高める事が出来ますので、必ず設ける様にしましょう。

今現在外壁に誘発目地が無い場合は、外壁塗装等のリフォームの際に目地を作るよう、業者さんに相談をしてみましょう。

これらを手抜きする様な会社は選ばない様にされるのがおすすめですよ。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト