外壁部分の工事の基礎知識

パワーボードの外壁材は施工の評判の良い所に依頼しよう!

パワーボード

パワーボードは軽量気泡コンクリートパネルなので、断火性に富んでいる外壁材料で、多くの家に使われています。

しかし、気泡の部分に水分を含ませやすいのが、大きなデメリットです。

その為、パワーボードを外壁に使用した場合の塗装工事は、塗膜性の高い塗料でしっかりと膜を作れる塗装を行うのがおススメです。

外壁のパワーボードの特徴や工事の流れ、業者の選び方

塗装工事に先駆けて、まずは既存コーキングの撤去及び新規充填を行います。

コーキングには様々な種類があり、打つ材料に適した素材でなければ、馴染まず剥離してしまいます。

アクリルコーキングをパワーボードには選ぼう

パワーボードに適しているコーキングの種類は、アクリルコーキングです。

古くなった部分的なコーキングの取り替えでも良いですが、出来れば全て取り替えるようにすると、建物の耐久性が上がります。

シーリングを打ち直して硬化したのを確認した後、高圧洗浄を用いて既存の外壁を洗浄します。その後、既存外壁のクラック調査を行います。

▼佐倉市の外壁塗装リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

パワーボードは水を含みやすいので注意!

パワーボードは水を含みやすい性質があり、水が含んでしまうと内部の鉄筋に影響を与えてしまいます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

鉄筋が錆びてしまうと腐食して膨張し、パワーボード内で爆発を起こしてしまいます。

更にパワーボードに水分を含ませたまま冬期になると、水分が板の中で膨張して破裂してしまいます。

これらを起こさないよう、既存の外壁にクラックがある場合は、カチオンフィラー等で補修します。

カチオンフィラーで補修した場所に、弾性のフィラーを増し塗りします。

パワーボードへの塗装を行うポイント

これで補修部分も強固となり、正常なパワーボード部分と同様の効力を発揮してくれるようになります。その後、塗装工程へと移ります。

補修部分に塗布した弾性フィラーを、外壁全体に塗布します。その後、塗装工程を2工程行います。(納まらない場合は3工程になります)

パワーボードの外壁塗装は多少手間がかかりますが、きちんと手間をかけて使う事で建物の断熱性や遮音性を高くしてくれます。

パワーボードの外壁工事はちゃんとした所を選ぼう

外壁素材としてパワーボードは多くの家で使われている人気の建築資材です。

しかし、あくまできちんと外装工事を行わないと、すぐ腐食導いてしまう材料でもありますので、パワーボードの扱いに詳しい業者に依頼しないといけません。

一番良いのは、あなたのお住まいの地域で一番評判の良い外壁リフォーム店に工事を依頼される事ですね。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁塗装リフォーム会社おすすめリスト

外壁の吹き付け塗装の種類!自宅に合った吹き付け工事の選び方

吹き付け工事

外壁の仕上げ工事にはいくつか種類がありますが、その中で塗装工事とサイディング工事があります。

サイディングは貼り付けていくだけですので、工事の工程が簡単ですから、最近でこれを選ばれる方も少なくありません。

けれどもサイディングは見た目がプレハブみたい・・・と言う方も多く、まだまだ塗装工事も根強い人気です。とくに吹き付け塗装等は高級感を醸し出す事が可能です。

ただ、これには技術が必要になるので、しっかりとした業者を選ばないと後悔してしまう事も。

▼佐倉市の外壁塗装リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

塗装の吹き付け工事の種類とそれぞれの特徴

今回はそんな外壁の塗装工事でも「吹き付け」に注目して行こうと思います。

吹き付け工事はタイル、リシン、スタッコをいづれかを吹き付けます。この吹き付ける材質の違いで、表面の仕上がりが変わってきます。

吹き付けタイルとリシンにはシリコン系とアクリル系があり、値段はアクリルの方が安いのですが、汚れが付きやすくひび割れも多いので、シリコン系のほうがお勧めのようですね。

費用はリシンが経済的ですが、耐久性は吹き付けタイルの方が良いです。どちらも工程は簡単で安定した仕上がりが特徴と言えます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

中でもスタッコを用いた吹き付けは重厚感があります

スタッコは、先の二つに比べると仕上がりに差があります。

そもそも吹き付けでは、外壁の表面がでこぼことしており、それが独特の風合いをだすのですが、陶器のような表面になるのが吹き付けタイル、砂状のでこぼこがリシンです。

スタッコはリシンよりも厚めの素材で、重厚感と厳かな雰囲気があるので、外壁だけでなく、内壁や天井の仕上げにも用いられています。

材質はアクリル系とセメント系などがありますが、今はアクリル系が主流となっています。

「サイディングはプレハブっぽい」と言う理由で塗装のリフォームが人気

最近の住宅は建売の場合、工期の関係もあり、値段の安くて早く済むサイディング方式が主流になっています。

けれども、サイディングはなんとなくプレハブっぽく見えてしまう事から敬遠される方も多いです。

注文建築などではやはり高級感のある外壁を好む人もいますから、その場合は塗装工事や吹き付けを行うようですね。

けれども、こういった塗装工事は工事を行う職人さんの「腕」で仕上がりはもちろん、耐久度は変わってきます。

なので外壁の工事はしっかりと評判等を確認してから選ぶ様にしましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁塗装リフォーム会社おすすめリスト