外壁材

外壁の種類で、最近トタンの様な板金の物を見かけるようになりました。そのトタンの名称は「ガルバリウム鋼板」です。

ガルバリウム鋼板は一般的なトタンと違い、大変優れた板金です。

トタンからガルバリウムへのリフォームはとてもおすすめ!

トタンと見た目は同じなのに大きく違う部分は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という中身で出来ている事です。

鉄を守って、耐久性や耐熱性に富んだ、素晴らしい板金です。

アルミニウムなどの素晴らしい効果により、一般的なトタンよりも4倍防錆性があると言われています。性能的にとても頼りになる、機能性板金です。

名称こそはここ数年で聞くようになりましたが、開発は1972年なので40年以上も前からある材料です。

モダンでかっこよい外壁素材、ガルバリウム鋼板

主に屋根に使われる事が多かったガルバリウム鋼板ですが、近年外壁材としても多く使われるようになりました。

モルタルやサイディングとは違い、見た目がスッキリとした雰囲気なので、モダンでカッコよい風貌を作ってくれます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

一方、見た目がトタンなので、小屋や倉庫みたいと思う方も居る傾向もあり、賛否両論の材料でもあります。

モダンな形の建物に張ると非常にカッコよい仕上げになり、多くの設計屋さんも採用しております。

ガルバリウムの外壁はメンテナンスが少ない!

逆に、昔ならではの形の住宅に張ると、あまり合わない傾向があります。ガルバリウム鋼板の良い部分は、メンテナンスが少なくて済む事です。

板金ですので塩害地域では残念ながら劣りますが、それでも最低15年、それ以外の地域では25年も耐久性がある材料です。

リフォームに使うと、ほぼメンテナンスフリーで使い続ける事が出来るので、大変重宝します。

一般的な外壁材と比べても耐用年数は1.5倍です!

塩害地域であっても15年で塗り替えれば問題ないので、サイディングと比べると耐用年数が1.5倍長いと言われています。

また、防水性も高いので、建物内の水分の浸食等は心配要らないと言えます。

ガルバリウム鋼板を外壁に張る事は、その建物の形により良さを大きく左右するので、まずはリフォーム業者や建築会社に相談してみると良いでしょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト