ステンレス屋根材は劣化し辛いのでメンテナンスが楽!

ステンレスの屋根材

屋根材として使われるステンレスは、カラーステンレスといいます。

ステンレス材の上にカラー加工をしたステンレスで、ステンレスの大きな特徴を屋根に生かす事が出来る素晴らしい屋根材料です。

ステンレスは強度が強く屋根材として人気

ステンレスは、腐食に大変強く強度が高い事で有名な万能素材です。一般的な屋根板金の中ではガルバリウム鋼板が主流となり、大分錆難い材料となってきました。

しかし、切り口の小口等から錆が発生したり、外的刺激により錆が発生したり等、劣化してしまう要素はまだまだ尽きません。

ステンレスは、素材自体が錆びないので、錆びる心配は全くありません。

▼外壁の塗装作業の腕が良いと地元で評判の業者をチェック

ステンレスの屋根は様々なデザインの屋根に対応可能!

また、強度がとても高い材料なのですが、加工性が高いのが大きな利点です。

その為、複雑な屋根の形にも対応できるので、様々なデザインの屋根にも対応する事が出来る柔軟さがあります。

ステンレス屋根の材料は、SUS304の素材を使う場合が一般的です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

SUS304という番号はステンレスの純度の多さをあらわす番号であり、一般的な建築資材のステンレスはSUS304が主流です。

カラーステンレスの場合にはメンテナンスの必要があります

カラーステンレスは表面にカラー加工しているので、見た目的には一般的な板金とそん色ないように見えてしまいます。

ステンレスであれば、磁石を近づけると反応します。

本当にステンレス屋根を使っているか気になる場合は、屋根材に磁石を付けてみると一目瞭然です。

ステンレスだからメンテナンスフリーかと思いきや、カラーステンレスの場合は表面にカラー加工しているので、カラー部分の劣化は起きてしまいます。

一般的な環境下で、10年程度と言われております。

カラーステンレスの屋根は10年に一度塗り直しを行いましょう

表面のカラーが劣化するだけでステンレス自体の劣化はありませんが、気になる場合は塗り直しを行うと良いでしょう。

費用は、一般的なガルバリウム鋼板の1.5倍はかかってしまいます。

しかし、素材が劣化しないという大きなメリットを考え得ると、断然ステンレス屋根をオススメします。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁塗装リフォーム会社おすすめリスト

最も千葉で評判が寄せられる「外壁・屋根のリフォーム会社」


現在外壁塗装を考えているけど業者選びに悩んでいる


地域でどのリフォーム会社を選べば失敗しないのかしりたい


安かろう悪かろうでは無く「安くて良い外壁リフォーム」をしてくれる会社は無いの?




そう言う方に、2016年現在最も評価の高い外壁リフォーム会社をご紹介します。

ケアフルの外壁塗装
ケアフルの外壁リフォームの詳細を確認する




【ケアフルの外壁リフォームが評判が良い理由】




  • ・工事担当者なので余計な営業っ気がなく、しつこい売り込み等が無い

  • ・工事を担当する人が見積もり~完了まで一括してくれるので安心

  • ・専門の担当者が、一件一件家を無料で調査して最もコスパの良いリフォームを提案

  • ・依頼する側の予算と、家の状況に最も良い選択を導き出してくれる



もし千葉県内で外壁リフォームをお考えの方は、こう言った評判になっている良心的なリフォーム店に御相談されるのがおすすめですよ。

ケアフルリフォームの詳細を今すぐ確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)