メンテナンス

築15年以上の外壁モルタルの塗装を行う一般的な価格相場&8つのメンテナンス時の注意点!

外壁モルタルのメンテナンス費用相場

まともな施工業者の平均価格相場: 50万~120万前後

※ご自宅の状況により大きく変わります。詳しくは下記の記事をご確認下さい。


【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

築15年以上の外壁モルタルのお宅はそろそろ「塗り替え等のメンテナンス」が必要です!

築15年以上の外壁モルタルのお宅はそろそろ「塗り替え等のメンテナンス」が必要です!

築15年以上のお宅の多くはモルタル外壁が採用されている方が多く、年数的にもメンテナンスを行わなくてはいけない時期になって来ています。

元々モルタル外壁は細かいヒビが入りやすい外壁材であり、塗り替えや塗り直しのメンテナンスが必要となります。

放置をしてしまうと、後々雨漏り等を引き起こす要因になってしまったりと、色々な問題が有ります。

モルタル外壁の塗装工事は意外と難しく、様々な注意点を把握する必要性があります。

だからこそ、こういった塗装工事を行う時には施工知識の深い担当者と話し合いながら塗装工事を進めて行くことが重要です。

下記の会社は、営業マンでは無く『熟練の職人』が見積り時から相談に乗ってくれる業者さんです。

失敗しない為にも、こういうしっかりした知識を持った会社に塗装工事は相談される事をお勧め致します。

外壁モルタルの塗装費用相場はどの位なの?気になる値段について調べてみると…

外壁モルタルの塗装費用相場はどの位なの?気になる値段について調べてみると…

では外壁モルタルのメンテナンスを行う塗装費用はどの位なのか?値段の部分も気になる所ですよね。

一般的な塗装を行う際の価格相場としては、大体50万円後半120万前後(30坪の場合)です。

値段に幅が有るのは塗料の品質や、雨樋や周辺部位まで塗るのかで値段が変わってくるからです。

激安価格で塗装を行う業者には注意!外壁モルタルは安い業者での塗り直しは向いてません

激安価格で塗装を行う業者には注意!外壁モルタルは安い業者での塗り直しは向いてません

中には、これよりも激安価格で出している所も有りますが、安すぎる業者に依頼すると後でこんなハズじゃなかったといった結果になりがちです。

基本的に薄利多売のスタイルでやっているので「件数を多くこなす」事を目的にしている事が殆どです。

なので塗り残しや塗装が荒い部分等がどうしても発生しがちです。

基本的に、モルタルの外壁は外壁部分にヒビなどが入りやすく、適切な塗り直しを行わなくてはいけない物です。

値段が安いからと言って安易に飛びつくのではなく、しっかりとした塗装工事を行ってくれる所に外壁塗装工事は依頼を行う様にしましょう。

モルタル外壁にこんな劣化症状が現れたらリフォームのサイン!

モルタル外壁は塗膜により守られておりますので、塗膜が劣化する前に塗装する事が大事となります。

この状態が見受けられたら、モルタル塗装の合図です。

チョーキング

チョーキング

塗膜に触れて白い粉の用な物が付着したら、塗装の合図です。

塗膜の膨れ

塗膜の膨れは塗膜としての効果を担っておりませんので、塗装の合図となります。

塗膜の割れ

塗膜の割れ

塗膜の割れは、割れている部分から劣化が発生してしまいますので、放置しておくと大変な事となってしまいます。

速やかに、塗装が必要となります。

塗膜のカビ

塗膜のカビ

塗膜にカビが生えている場合は、カビの部分から塗膜が劣化し始めている恐れがありますので、塗装のサインとなります。

塗膜の変色

塗膜の変色

塗膜に著しい色の違いが発生している場合は、塗膜の劣化が発生している可能性がありますので、塗装が必要となります。

この様な状態が見受けられましたら、即座に塗装のメンテナンスを行わなければいけません

放置しておくと外壁や建物に大きな影響を与えてしまいますので、気が付いたら早い段階で塗装工事を行う様にしましょう。

モルタル外壁の塗装を行う際の7つの注意点

モルタル外壁の塗装を行う際の7つの注意点

モルタル外壁の塗装の際に注意すべきポイントなど、くわしくまとめてみると下記の様になります。

下地処理をきちんと行う

下地処理をきちんと行う

モルタル外壁は汚れやコケ等が付着している事が多く、その上から塗布してしまうと塗膜の付着性が乏しくなってしまいます。

高圧洗浄やケレンをきちんと行い、汚れの無いクリーンな外壁としてから塗装を行うようにしましょう。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

知識が豊富で頼りがいがある業者は、この工程に多くの時間を費やします。

モルタル外壁のクラック等のひび割れは事前に補修!軽微なものは塗装のみでOK

モルタル外壁のクラック等のひび割れは事前に補修!軽微なものは塗装のみでOK

クラック等の著しい劣化が発生している場合は、事前に補修する事が大事となります。

放置したまま塗装工事を行うと、クラックから雨漏りを発生させてしまう事がありますので、せっかくの塗装も台無しとなってしまいます。

けれども、ヘアークラック程度のひび割れであれば、塗装を行うのみで塗膜がひび割れで埋めてくれます。

しかし激安業者等の場合には、塗料を薄めている事が多いので塗装では埋まりません

吸込み止めをモルタル外壁は必ず塗布する

吸込み止めをモルタル外壁は必ず塗布する

モルタル外壁は塗料の吸込みが激しく、そのまま塗ってしまうと使う塗料の量が膨大になってしまいます。

余計な吸込みを防止する為、吸込み止めを塗布しなければいけません。

知識が豊富な業者は、吸込み止めを工程に必ず入れます。

吸込み止めを行わない業者はいい加減な仕事をする可能性がありますので、オススメ出来ません。

モルタル外壁にクラックが発生している場合は弾性塗料がオススメ

モルタル外壁にクラックが発生している場合は弾性塗料がオススメ

クラックが発生しているモルタル外壁の場合は、塗膜が良く伸びる弾性塗料を採用する事がオススメとなります。

弾性塗料はゴムのように伸びる塗膜であり、クラック外壁の上に塗膜を作る事で建物に動きが発生してクラックが発生してしまっても、伸びる塗膜の影響によりクラックを表面に出さずに済みます。

伸びる塗膜の下に隠す事が出来ますので、クラックに雨の影響を与えずに済みます。

何度もクラックが発生しても塗膜の中に隠す事が出来ますので、雨漏りを起こす事がありません。

また、スタッコ仕上げの場合は、模様部分で弾性塗膜がふくれてしまう可能性がありますので、オススメ出来ません。

堅い塗膜の塗装はモルタル外壁には採用しない

堅い塗膜の塗装はモルタル外壁には採用しない

モルタル外壁はクラックが発生しやすい外壁ですので、堅い塗膜となる塗装を採用してしまうと、クラックばかりが発生して目立ってしまいます。

それではせっかくの塗装のメンテナンスも意味が無くなってしまいます。

モルタルに採用する塗料は、柔軟性のある柔らかい塗料が望ましいです。

色のつく塗膜は既存塗膜の意匠性を無くしてしまう恐れがある

色のつく塗膜は既存塗膜の意匠性を無くしてしまう恐れがある

既存の塗膜が意匠性の高い塗膜の場合、その上に色のつく塗膜を塗ってしまうと、せっかくの豪華な意匠性の高い塗装が台無しとなってしまいます。

意匠性の高い塗膜に塗装を施す場合は、クリヤー塗装がオススメです。

クリヤー塗装であれば表面の塗膜キープに繋げる事が出来、余計な色を付けずに済みます。

防水機能が付いたクリヤー塗料もございますので、是非検討をしてみましょう。

建物に追従性を出すためにワーキングジョイントを設ける

建物に追従性を出すためにワーキングジョイントを設ける

モルタル外壁はジョイントがありませんので、力の逃げ道が無くなってしまいクラックが発生してしまいます。

クラックの発生を防ぐ為には、ワーキングジョイントをモルタル外壁にも設けてみましょう。

既存のモルタル外壁に3mごとにカッターで溝を入れ、そこにコーキングを充填する事でワーキングジョイントを作る事が出来ます。

モルタル外壁に発生していた力が全てワーキングジョイントに逃げますので、クラックが出来ないモルタル外壁とする事が出来ます。

DIYのモルタル塗装はオススメ出来ない

DIYのモルタル塗装はオススメ出来ない

DIYでコツコツと塗装工事を行いたいなど、ご自分でモルタル外壁に塗装を行う方は少なくありません。

しかし、モルタル外壁のDIYでの塗装はオススメ出来ません。その理由は、モルタル外壁は塗装により守られているからです。

その為、モルタル外壁を強固に守るためには、しっかりとした万全の塗膜を作らなくてはいけません。

DIYでは万度な塗膜作りは不可能ですので、せっかくモルタル外壁に塗装を行っても効果を発揮する事が出来ない場合もございます。

大切な外壁をしっかりと守るためには、プロに強固な塗膜を作ってもらうようにしましょう。

モルタル外壁の注意点をまとめると…塗装は評判の良い地元の業者に依頼しよう

モルタル外壁の注意点をまとめると…塗装は評判の良い地元の業者に依頼しよう

  • 築15年以上のお宅は忘れずに外壁塗装のメンテナンスを行おう
  • 塗装でのメンテナンスは50万後半~120万前後
  • 激安業者は腕が悪い上に塗料を薄めて使うので注意!
  • 必ず塗装を行うべき外壁モルタルのサインを知っておこう
  • DIYで外壁塗装は基本出来ませんので注意

モルタル外壁の塗装は、地元の評判の高い業者にお願いしましょう。

モルタルというのは動きが発生してしまう事で、塗膜にも大きな影響を与えてしまいます。

その際、近くの業者じゃないと即座に対応する事が出来ません。

工事後のアフターの事も考え、お近くの優秀な業者に依頼する事が大変望ましいです。

いかがでしたでしょうか。

モルタルの塗装というのは簡単そうに思えるかもしれませんが、意外と難しい要素が多く潜んでおります。

万度な塗装工事とするよう、細かい部分まで目を向けて行うようにしましょう。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

塗装面にチョーキングが起きる原因と知っておきたい必要知識

チョーキング

チョーキングが発生する原因知っていますか。

10年程度経った外壁に手を触れると、白いチョークのような粉が手に付着する事があります。

そういった状況の事を、チョーキングと呼びます。

こういう現象が起きると、外壁はどういう状態なのか?ちょっと不安に思いますよね。

今回はそういった、なぜチョーキングが起きてしまうのか、チョーキングの原因や考えるべきポイントをまとめてみました。

【CHECK!】▼千葉県内や佐倉市の外装工事で「信頼できる」と評判の会社リスト

チョーキングが起きた時に知っておいてほしい3ポイント

屋根や外壁にチョーキング

チョーキングは塗膜の顔料が劣化している

チョーキングは、塗膜の長にある顔料が粉化してしまう事でチョークのような白いパウダー状の粉状となってしまう現象です。

顔料が含まれていないとチョーキングは起こりませんので、クリヤー塗料の場合はチョーキングが起きません。

わかりやすくいうと、色がある塗料にはチョーキングが発生します。

チョーキングは起きるタイミングに差がある

チョーキングは劣化の状態ですが、色があるどの塗膜にも同じタイミングで起きてしまう事ではありません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

適切な手順で塗装工事を行っていれば、チョーキングが発生する年数を遅らせる事が出来ます。

きちんとした工程で塗装工事を行っていない場合は、早くチョーキングが起きてしまいます。

施工不良の場合は、1~2年程度で起きてしまう事もあります。

チョーキングの放置は絶対にしてはいけない

チョーキングは手に白い粉が付くだけですので、放っておいても構わないと思われる方も少なくありません。

しかし、チョーキングが起きているという事は塗膜の表面が劣化し破壊された状態ですので、外壁を守る事が出来ません。

外壁が裸のままになっている事と同様ですので、外壁が外的刺激に侵されやすくなってしまい危険です。

上記の様に、チョーキングが見受けられたら、早いうちに上から塗装をし新しく塗膜を作ってあげなければいけません。

チョーキングが発生したら訪問販売業者に注意です!

チョーキングが起きているお宅というのは、訪問販売業者が目を付けます。

こういった状況を逆手に取って、様々な巧みな口車で契約をさせようとしてきます。

外壁の不具合は、どこの業者か解らないような業者に依頼するのではなく、信頼できる地域で評判になっている業者に工事を依頼するようにしましょう。

「営業マンが良い人だから」と言った理由で契約するのは危険ですよ。

塗装の後に気泡や膨れが外壁に発生する原因と対処ポイント!

塗装後の気泡

外壁の塗装部分にふくれが発生してしまっていませんか?

せっかく外壁を綺麗にする為に塗装をしたのに、気泡やふくれを発してしまう事があります。

そうなると見た目的にも悪いし、耐久性も落ちて来てしまう物です。

主に外壁に気泡が出てしまう原因は、下記が考えられます。

▼千葉県内や佐倉市の外壁リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

塗装部分にふくれが生まれてしまう主な5つの原因

下塗り(シーラーやフィラー)の不足

シーラーやフィラーがきちんと塗布されていないと、下地の微細な穴から湿気や暖気が発生し、塗膜をふくらませてしまいます。

塗り重ね乾燥時間不足

塗装には、前の塗膜が乾燥してから次の塗布を行わなければいけない、塗り重ね乾燥時間が材料により決められております。

この塗り重ね時間を守らないと、逃げ場を失ってしまった塗料の揮発により塗膜がふくれてしまいます。

下地材から熱が発生して膨れる

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

塗料と相性が良くない下地(サイディング等)に塗料を塗布すると、塗膜の硬化前に熱が発生してしまい、塗膜がふくれてしまいます。

何層も塗膜を塗り重ねている場合

何度も塗装を行っている塗膜は、古い塗膜の中でカビなどを発生させて、塗膜同士が馴染まなくなりふくれを起こしてしまう事があります。

雨や湿度の高い日の塗装

水分が塗装面に少しでも付着している場合は、塗膜が下地に馴染む事はありません。その為、時間が経過する事で塗膜をふくらませてしまう事がございます。

気泡やふくれはすぐに外壁に現れない!発生したら業者に相談を

気泡などのふくれは、塗装工事を行ってすぐに出ない事もあり、数か月後に出てしまう事もございます。

時間が経過してから発生した物でも、明らかに期間が短いものに関してはクレームの対象となりますので、修繕してもらいましょう。

塗装のリフォームはこのような事が起きやすいので、工事前にどのような補償になるのかを事前に問い合わせておくと良いでしょう。

保障の件に対して話がスムーズに出来なくなる業者は、信用出来る業者ではありませんので依頼しないようにしましょう。

▼評判で選ぶ!千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

外壁に高圧洗浄を行う時の注意点!【外壁の劣化を招く事も】

外壁の高圧洗浄

外壁の汚れを綺麗に落とす時に、大きな効果を発揮してくれるのが、高圧洗浄です。

高圧洗浄機は、車の洗浄機のような洗浄機であり、高い水圧で外壁の汚れを一掃してくれます。

長年こびりついた汚れやカビ、コケ等も綺麗に取り除いてくれるので、まるで新築のような外壁によみがえらせる事が出来ます。

外壁の高圧洗浄には思わぬデメリットも

しかし、この想像以上の高圧な水圧での洗浄は、外壁に余計な圧力をかけてしまうという側面もあります。

外壁に高圧で洗浄機をかける事で頑固な汚れやカビなどを一掃するので、外壁の表面は目に見えない程度に剥がれています。

外壁に高圧洗浄を掛けた後に手で触れてみると白くチョーキングの用に付きますが、それは外壁の表面が薄っすら剥がれた証拠です。

つやがある塗膜の場合は、つや無しのような雰囲気になってしまいます。

その為、外壁を高圧洗浄してその後何もしなければ、剥がれた外壁部分から劣化が始まってしまいます。外壁塗装をする予定ではないのであれば、外壁に高圧洗浄を掛ける事はオススメ出来ません。

▼佐倉市の外壁リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

建物の寿命を延ばす為には塗装作業がおすすめです

外壁塗装作業

外壁に高圧洗浄を掛けた後は、必ず外壁塗装を行って1枚膜を付けるようにしましょう。

外壁塗装をする前は、既存の塗装面凹凸が出来た後に塗布した方が、新しい塗料が乗りやすくなるのでオススメです。

しっかりした塗膜となるので、強固な外壁を作る事が出来るので、建物の寿命を延ばす事が出来ます。

高厚洗浄は「外壁リフォームに詳しい会社」に相談しよう!

高圧洗浄のパワーはとても素晴らしく、歴年の頑固な汚れもスッキリ取り除いてくれますい。

既存外壁への圧力が気になるのであれば、その旨業者に相談をすると高圧洗浄機の圧力に配慮してくれます。通常の高圧洗浄機の圧力は、一般的には30Mpaの物が大半です。
14Mpaの高圧洗浄機でも、ある程度は外壁の表面は薄く剥がれてしまいます。

頑固な汚れを取り除く力を発揮するので、ある程度の劣化はやむを得ないかもしれません。不安な方は必ず洗浄を行ってくれる業者さんに相談されるのがおすすめです。

なので、高圧洗浄を行うのであれば、外壁リフォームに詳しい業者にご相談される事をおすすめ致します。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

黒カビを外壁から取り除く時に!【格安に抑える3つの方法】

外壁の黒カビ

外壁の北側等、紫外線が当たらなくジメジメしてしまう外壁面には、徐々にカビや藻が付着するようになり、ついには黒カビを発生させてしまいます。

外壁に出来てしまった黒カビを綺麗に取り除く良い方法

カビや藻や、初期段階で綺麗にする事で簡単に取れるようになりますが、黒カビまで発展してしまうと、付着力が頑固なので取り除く事がとても大変です。

黒カビを綺麗に取り除く方法を、費用が安い順番でご紹介します。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

費用を抑えて外壁の黒カビを取り除く3つの方法

市販のカビ取り洗剤で取り除く

市販のカビ取り洗剤を付着させ、タワシで擦って取り除きます。

黒カビまでいってしまうと、タワシで擦るのも物凄く根気が居る作業となります。 かなり力を入れないと、綺麗にする事が出来ません。

想像以上に大変な作業ですので、途中で離脱してしまう方が大半のようです。

市販の洗浄機で取り除く

通販やホームセンター等で扱っている洗浄機を使い、黒カビを取り除きます。

最近の市販の洗浄機も結構な効果を発揮してくれるようなので、運が良ければ黒カビを綺麗に取り除く事が可能です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

高圧洗浄機で取り除く

頑固な黒カビは、やはりプロに頼んで高圧洗浄機にて取り除いてもらうのが1番です。

通常は水を使って高圧洗浄を掛けますが、頑固な黒カビの場合は薬品を使って取り除く事で、綺麗にする事が可能です。

高圧洗浄の費用は、㎡当たり100~300円程度ですので、10,000~30,000円程度しかかかりません。

薬品を使った場合は、高圧洗浄の費用に薬品の金額をプラスするだけですので、意外と安価です。

高圧洗浄を掛けると表面を薄っすら削ってしまうので、その後塗装工事を行う事をオススメします。

高圧洗浄を行うまで黒カビがこびりついている時は塗装のタイミング

高圧洗浄を掛ける程黒カビが進んでいる場合は、外壁の塗膜の耐久性も下がっている証拠です。

外壁塗装を行うタイミングでもあるので、一緒に行う事をオススメします。

塗装膜自体が弱くなって来てしまっている状態なので、雨風から壁材への水分の侵入を防げ無くなっている事が殆どです。

そう言う事も踏まえて、高圧洗浄を行う時には地元で評判の良い外壁塗装のリフォーム会社に依頼を行う様にしましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

鉄骨階段の塗装工事は5年おきに行うのが良い理由は?

鉄骨階段の塗装

鉄骨階段はスチール製なので、素材的に錆びやすいのが大きな難点でもあります。その為、少しの劣化により寿命を一気に低くさせてしまいます。

一般的に、鉄骨階段の塗装工事の周期は5年毎と言われています。

鉄骨階段の塗装工事のメンテナンスは耐久性を高める必須工事

鉄骨階段は、マンション住民の共用部分であり大切な避難通路ですので、常に耐久性の高いものにしておかなければなりません。

あまりにも塗装工事を放っておくと、塗装面の下地処理や鉄骨自体の補修費用などの大きな費用がかかってしまいます。

鉄骨は、素材の変化が起きると急激に性能が落ちてしまいます。

塗装工事を定期的に行う事で鉄骨の素材を万度に保つ事が出来るので、メンテナンスをこまめに行いましょう。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

鉄骨階段の塗装工事の内容

鉄骨階段は、その構造から足場を設立しなくても塗装工事が可能です。脚立や足場板でも、十分に施工が可能です。

もちろん足場を設立するのが1番ですが、足場を設立しても少しの面積しか設立しないので、費用が安価です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

その為、外部の塗装の中では仮設費がかかりにくい工事となるので、1回あたりの工事費用も安価になります。

鉄骨階段の塗り替えは、素材を綺麗にして錆び落としを行った後、錆止めを2回塗りします。

その後、2回の塗装工程にて完成となります。2回塗りで塗膜が治まらない場合は、3回塗りをします。

鉄骨の不具合が出た塗膜部分に飲み塗料でタッチアップを行う方法がありますが、鉄骨階段のような構造的に富んでいないといけない部材には適しません。

鉄骨階段の塗装工事は構造性を高めてくれます

鉄骨階段の塗装工事は、美観を高めるだけではなく構造性も高める役目を担っているので、定期的に全体の塗膜の強化を高めなくてはいけません。

鉄骨の塗装は、鉄骨の付着を強化させる為に、油性の溶剤を使う事があります。しかし、昔の溶剤塗料だとはシンナーを多く含んでいるので刺激臭を多く発生させてしまいます。

マンションの顧客やご近所に迷惑を掛けてしまう事がありますので、出来るなら良い塗料を選ぶ事をオススメします。

溶剤塗料でも匂いが少ない高い材料が増えましたので、外部鉄骨に使っても問題ありません。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

外壁にコンクリートブロック採用時のメリットデメリット!

コンクリートブロック

コンクリートブロックは立派な構造材なので、外壁に使う事ももちろん可能です。

コンクリートブロックを外壁に採用する事の大きなメリットは、鉄筋コンクリートの様な型枠が不要となるので、大幅に建築材料をカットする事が出来ます。

外壁にコンクリートブロックを使う事のメリットデメリット

コンクリートブロックを積む際にモルタルを使用しますが、鉄筋コンクリートに比べると湿式度が低いので、工期の短縮にもつなげる事が出来ます。

既に出来上がっている材料をただ積んでいくだけですので、とても効率的な材料と言えます。

また、積みあがった姿はコンクリート打ちっぱなしのような個性的なカッコよい姿を演出してくれます。

オシャレな外観になりますので、目を引く建物にする事が出来ます。

簡単に壊す事が出来るので、増改築が簡単に出来る部分も大きなメリットです。

ハンマーで簡単に壊す事が出来るので、増改築の工期短縮にも繋げる事が出来ます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

コンクリートブロックの外壁にするデメリット

効率的なメリットとは裏腹に、デメリットも多くあります。それは、コンクリートブロック特有の空間がある事です。

空間が多くある事で起きてしまう現象としては、音漏れです。

コンクリートブロックの中にきちんとモルタルを充填すれば何の問題ありませんが、コンクリートブロックの穴の中をきちんと確認する事が不可能なので、充填不足により音漏れを発生させてしまいます。

外部の音が聞こえやすくなり、内部の音も外に漏らしてしまいます。

コンクリートブロックの外壁は熟練のリフォーム店に依頼しよう

以前、ホテルの間仕切り等にコンクリートブロックが使われてきましたが、音漏れが酷いという事で今は採用されなくなりました。

熟練のブロック工や左官工に施工してもらえれば、このようなデメリットは無くす事が出来ます。

コンクリートブロックを外壁に採用する場合は、特に職人さんの熟練度が大きなカギとなります。だからこそ、しっかりしたリフォーム店に仕事は依頼する事が重要です。

使い方さえ間違わなければ、快適な外激になるコンクリートブロック。個性的な外壁つくりの為に、採用してみませんか。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

外壁の雨だれを防ぐ!水切りは簡単に設置できます

雨だれ対策の水切り

外壁の雨だれ防止が出来るアイテムに、サッシに付ける水切りがございます。

水切りと言えば外壁の下部についているのが一般的ですが、その外壁の水切りと同じような効果を発揮してくれるのが、サッシに取り付ける水切りです。

水切りで水を切って、建物に負担をかけないのが目的の材料です。佐倉市でも多くのお宅に設置されています。

外壁の雨だれをシャットアウトしてくれる「水切り」

サッシに使う水切りには2つの種類があり、サッシの下部の両方の隅に小さい受けを1個ずつ付けるパターンと、下部の右から左まで繋がっている左右一体型の水切りがあります。

小さい受けの水切りは、主に樹脂サッシに採用されている水切りです。

左右一体型の長い水切りは、アルミサッシや鋼製サッシに良く採用されています。

もちろん、左右分かれている小さな受けの水切りは安価で、左右一体型になっている水切りは高価になってしまいます。

どちらも、水を受けて水切りで切る事が出来るので、直接外壁に雨水等が当たる事はございません。

その為、外壁に作ってしまう黒い雨だれを作る事無く、いつまでもキレイな外壁を保つ事が出来ます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

▼佐倉市の外壁リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

後からでも水切りを設置する事は簡単です!

この水切りは、サッシを新規に取り付けた際に一緒に取り付けるのが定番ですが、後から付ける事も可能です。

特に、左右バラバラの小さい水切りは、後付けでも簡単に付ける事が出来ますので、非常に便利です。

左右一体型の方は後付けも出来ますが、耐久性に乏しくなってしまうのがデメリットといえます。

雨水は必ず外壁を伝ってしまうので、サッシやフード等に当たってしまいます。その時に、汚れも一緒に掴んでしまい、雨水と一緒に下がってしまいます。

それが、あの汚い雨だれに繋げてしまいます。

外壁の見た目を悪くしてしまう雨だれ防止の水切りは早めに設置しよう

特に外壁の家が明るいお宅では、非常に目立ってしまってカッコ悪いですよね。そんなカッコ悪さを、水切りは綺麗に取り除いてくれます。

リフォームでもOKですが、出来れば新築の段階で採用するようにしましょう。

リフォームで水切りを設置する際には、大手の会社では無く、地域で評価の高い外壁業者に依頼されるのが良いですよ。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

ガルバリウム鋼板の屋根の塩害対策!洗浄は定期的に行おう

塩害対策

ガルバリウム鋼板は亜鉛が鉄部の腐食を抑える性質を持っているので、基本的に錆びにくく強い材料と言われています。

しかし、100%錆びないとは言えず、塩害を受けてしまう事もあります。

沿岸沿いの家はガルバリウム鋼板の塩害を受けやすい

佐倉市内ではあまり聞く事は少ないですが、海岸沿いの建物は、海からの塩分が建物に流れてくる事で、塩害を起こしてしまう場合があります。

塩害が発生する部位は、雨が流れる平面の部位ではなく、流れにくい部位に発生してしまいます。

雨が流れやすい平面は塩分が付着しても洗い流れていくので塩分が残りにくく、塩害になりにくい傾向があります。

▼屋根や外壁リフォームの腕が良いと地元で評判の業者をチェック

塩害を受けない為に塩分を流す様に水をかけて流そう

しかし、破風や軒周りは雨水が流れるのではなく滞留してしまう傾向があるので、塩分が流れにくく溜まってしてしまいます。

その為、塩分が流れなく溜まる事で塩害になる傾向があります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

海岸地域の建物に破風や軒周りに錆び等が見受けられる事がありますが、このような理由が塩害を引き起こしています。

破風や軒周りに塩害を発生させない為には、塩分を洗い流す事が大事となります。出来る対処は、ホースの水等で定期的に洗い流しておくと良いでしょう。

気になる方は高圧洗浄を行なおう

しかし、軒天の有孔板から内部に水を浸食させてしまう事があるので、素人が洗浄を掛ける事は思いのほかの事態を招く事も。

ご自分で行うのが大変な場合は、業者に頼むと綺麗に高圧洗浄を行ってくれますので、問い合わせてみましょう。

ガルバリウム鋼板は錆びにくく塩害は受けにくい

塩害に関しては、板金なので残念ながら性質の良いガルバリウム鋼板でも受けてしまう場合があります。

しかし、長尺カラー鉄板のような板金類の中では、ガルバリウム鋼板が1番錆びにくく塩害になりにくい板金です。

海岸地域で板金屋根にしたい場合は、ガルバリウム鋼板が1番快適と言えます。板金類は防水性が高い材料なので、屋根材としてはとてもオススメの材料です。

▼評判で選ぶ!佐倉市の屋根・外壁リフォーム会社おすすめリスト

吹き抜け部分の掃除はこう行おう!【無理をするとキケン】

吹き抜けの掃除

吹き抜けは窓が少ない空間を明るくしてくれる嬉しい方法なのですが、天井高が高すぎるのが難点です。

その為に、吹き抜けを作りたいけれどお掃除の手立てが解らない…と躊躇される方も多くいらっしゃいます。

吹き抜けのお掃除は快適アイテムで簡単に乗り越えよう

そんな高すぎる吹き抜けの空間を綺麗にお掃除する際のコツを、2つご紹介します。

▼佐倉市内のリフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

吹き抜けには柄が長いお掃除器具を活用しよう

柄が長いお掃除器具は様々ありますが、吹き抜け向きで重宝するお掃除用具は、4m位まで伸縮自在のモップです。

掃除機に連結出来る物もあり、吹き抜けの天井を掃除機で吸って綺麗にする事も可能です。

伸縮式なので、保管にも困りません。軽いので上向きに持ち上げてお掃除する事も、苦にはなりません。佐倉市内でも値段が3,000円程度ですので、お手軽です。

これなら、吹き抜けの1つや2つあっても楽に綺麗にできちゃいます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

吹き抜けのシーリングファンのお掃除の方法

吹き抜けでクルクル回っているシーリングファンは、サーキュレーターになるので非常に便利ですが、お掃除は出来るの?と思う方も多いと思います。

そんなシーリングファンにオススメなのが、電動昇降機を付ける事です。

自動昇降機をシーリングファンに取り付ける事で、電動で1階の床面まで降ろす事が出来ます。 そのまま取り外して、普通に洗う事が出来ます。電動昇降するシーリングファンでしたら、お掃除の心配がございません。

電動昇降機は30,000円程しますが、シーリングファンを綺麗に保つ為にはオススメです。

吹き抜けの掃除は無理に行うのはキケン!

上記にまとめた様な事を参考に、吹き抜けの掃除を行われる事がおススメです。

1番やってほしくない事は、脚立やはしごを使って掃除を行う事です。

簡単そうに見えますが、素人が行う事はかなりの危険が伴います。安易に行って転落事故が起きるパターンはよくあるので、オススメ出来ません。

無理はせずに、お掃除道具をしっかり利用しましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市のリフォーム会社おすすめリスト