天候

雨漏り時に補修材で一時しのぎを行う方法と失敗しない秘訣!

雨漏りの一時しのぎ

雨漏りが起きた際に、ご自分でも補修が出来ると一時しのぎになり、建物に余計な負担を与えずに済みます。

雨漏りがした時には補修材を使って一時しのぎを行おう

お客様でも雨漏り補修が可能な、便利なアイテムをご紹介します。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

コーキング

雨漏り補修のアイテムといえば、やはりコーキングです。

ホームセンターにも安価で販売されているので、どなたでも気軽に手に入れる事が出来ます。

外壁や屋根、どんな部位でも使う事が出来るので、便利でマルチな材料です。

しかし、瓦屋根やスレート屋根の場合は、コーキングをする事で水の流れを妨げてしまい、逆に雨漏り状態を悪化させてしまう事がありますので、要注意です。

使うカラーは、クリアーがオススメです。

防水モルタル

外壁モルタルにヒビが入った場合は、防水モルタルを充填します。一般的なセメントに、防水材を混ぜた物を塗布します。

その上から弾性塗料を塗布すると、外壁全体の雨漏りを止める事が出来ます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

鉄部補修材

鉄部が腐蝕してそこから雨漏りに繋がりそうな部分には、鉄部補修材が適しています。

ペイントメーカーから出ており、錆びや腐蝕等の鉄部の雨漏り部分の上から直接塗布する事が出来るので、非常に便利です。

鉄部の外壁材や屋根板金等に、非常に重宝します。

このように、DIYでも雨漏りの補修に使える便利なアイテムは沢山あります。

補修材での雨漏りの修繕はあくまでも一時しのぎです!

しかし、これらは一時しのぎの雨漏りの補修ですので、補修を行った後は必ず業者に本格的な雨漏りのメンテナンスを行ってもらいましょう。

雨漏りというのは想像以上に恐ろしく、1度水の道が出来てしまったら、そこから入りやすくなってしまいます。

軽度な補修であれば、必ず劣化し雨漏りが生じてしまいます。

軽度なメンテナンスを行ったら、必ず確実なメンテナンスを行って雨漏りをシャットアウトしましょう。

完璧な雨漏りメンテナンスを行った事で、雨漏りの完全なメンテナンスが完了となります。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

外壁工事の途中に雨が降っても平気?ケース別に解説!

外壁工事の途中の雨

自宅の外壁工事を行っている際に雨が降ってくると、とても心配になってしまいますよね。

そう言った際に、どのような状態であれば雨が降ったら良くないのかを、こちらの記事では解説していきます。

外壁工事の際に雨が降っても大丈夫なの?

外壁工事は、サイディグやモルタル等の仕上げをしないと防水性に富んでいないイメージがあると思います。

しかし、サイディングやモルタルの下で、防水効果を発揮している部材がございます。それは、防湿シートやアスファルトルーフィング等の下地材です。

これらの下地材は、湿度の通過状態を柔軟にして建物内部に影響を及ぼさない為の材料ですが、もう1つ役目を担っているのが防水性です。

この下地材を的確に張る事で、建物の中に水分を入れにくくさせる事が出来ます。

よって、外壁工事途中で雨が降ってしまっても、これらの下地材が張られているようでしたら問題が無いと言えます。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

下地材によっては外壁工事の途中に雨が降ると良くない事も

しかし、以下の2つに状態がある場合は、下地材を張っていても雨が降ると良くありません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

下地材の重ね幅に問題がある

防湿シートやアスファルトルーフィングは、重ね継手に規定がございます。幅100㎜や200㎜等、その部分により規定がございます。

防水効果を発揮してくれるのは、これらの重ね継手が適切な場合のみです。

これらの重ね幅を守っていない外壁下地材の張り方をしている建物は、外壁の防水力に期待できません。

既にグラスウールを充填している場合

防湿シートやアスファルトルーフィングは湿度を通してしまうので、中にグラスウールを充填している場合はグラスウールに湿気が及んでしまいます。

グラスウールが湿気を得てしまうと効力を無くしてしまいますので、無用の廃物になってしまいます。

外壁工事の最中に雨が降ってしまった場合は、これらの状態で良いのかどうかが決まります。

また、雨が降っている状態で外壁塗装工事を行うのは、言語道断です。

シートを張っても何をしても、既定の塗膜を作る事が出来ませんので、絶対にオススメ出来ません。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト