無落雪の屋根

近隣のお宅と距離があまり離れていない場合、降雪等で隣地に迷惑をかけてしまう事があります。

【雪対策】無落雪の屋根についてご存じですか?

雪止めで難を逃れる事もありますが、100%逃れられる事ではありません。雪の心配から逃れる為にオススメなのが、無落雪屋根のリフォームです。

最近では佐倉市でも大雪が有ったりする事から、注目されているリフォーム方法です。

▼屋根や外壁リフォームの腕が良いと地元で評判の業者をチェック

無落雪の屋根にする対策の種類まとめ!

無落雪屋根とは、文字通り雪を屋根から落とさない屋根の形です。無落雪屋根は、大きく分けると以下のパターンがあります。

屋根をフラットにする

屋根の勾配を無くし、屋根から雪を落とさない形です。

雪の重量が屋根にかかりやすいので、建物に大きな負担になってしまう事があります。 大雪にはあまり適していません。

屋根の中心に勾配を付けてダクトを設けて流す

Mの様に、屋根の中心の方に両方から勾配を付けます。

中心にダクトを設けて、屋根の熱伝導率の高さを利用して雪を溶かして、ダクトに流して排水させる方法です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

冬場の日中の日差しの強さを考慮した方法なので、雪を効率的に屋根から無くす事が出来るメリットがあります。

どちらの工法も、雪解け水を流す為のダクトを設けなければなりません。

ダクトは雪解け水を快適に流さなければいけない役割を担っているので、いつもゴミが詰まっていない快適な状態にしなければなりません。

屋根の上は定期的にメンテナンスを行ってもらおう

屋根の上というのは、劣化が進んでいたり思いのほかゴミなどが溜まってしまいます。しかし、自分でダクトのゴミを取り除くのは、かなり高度な事です。

その為、定期的に業者さんにダクトの点検を頼むと良いでしょう。

既存の屋根の形状を大きく変えるので、一般的な屋根のリフォームと比べると工期が掛ってしまいます。

その為、雨があまり降らない時期にリフォームをする事がオススメです。

家に居ながらリフォームが出来ますので、引っ越しや家を空けなければいけない心配はありません。

▼評判で選ぶ!佐倉市の屋根・外壁リフォーム会社おすすめリスト