軒天

アルミスパンドレルは天井や軒天をオシャレにする材料です!

アルミスパンドレルの軒天

アルミスパンドレルとは、アルミで出来ている天井材です。

アルミという材質から、耐候性や軽量性に非常に富んでいる、とても優秀な材料です。風雨等の外的刺激に強いので、塗装面の劣化も少なくとても丈夫です。

アルミスパンドレスはメンテナンスフリーの快適材料

防振性に富んでいるので、動きが加わった際に振動を防止させる事が出来るので、大地震が来てもアルミスパンドレルは落下リスクが少ない言えます。

カラーバリエーションも多様でデザイン性も非常によく、アルミカラーだけじゃなく木目調等、様々なカラーやサイズ等、品が良くオシャレな天井に仕上げる事が出来ます。

スパンドレルの働き幅は様々あり、広い幅の物や狭い幅の物、有孔の物もございます。色んなメーカーで製作されているので、選ぶ幅もとてもございます。

一般的には、商業施設や官公庁の建物に採用される事が多い天井材です。鉄筋コンクリート造や鉄骨造に使われる事が多く、木造に採用される事は稀です。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

アルミスパンドレルは軒天の防火構造になる!

天井だけではなく、ポーチの天井や軒天にも採用される事があります。

殆どのアルミスパンドレルは、防火構造に使う事が出来る材料です。その為、22条地域の防火構造の軒天として使われる事も非常に多い材料です。

木造軒天の防火構造に使われる事も、非常に増えました。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

通常は目立たない軒天ですが、アルミスパンドレルを貼る事でとてもスタイリッシュで上品な軒天にする事が出来ます。

軒天にアルミスパンドレルを設置する2つのやり方

アルミスパンドレルの張り方には、2つの方法がございます。

目透かし貼り

目地に隙間を開けて張る方法です。

敷目板貼り

目地の底に敷目板を当てて張る方法です。

天井だけじゃなく、ポーチの屋根や軒天に使う事で吸音板や軒天ボードには出せないオシャレさをかもし出してくれます。

耐候性が高いので、メンテナンスフリーと言われております。

工費は多少お高くなってしまいますが、メンテナンス不要でオシャレを作る事が出来ますので、とてもオススメの材料です。

▼評判で選ぶ!佐倉市の塗装会社おすすめリスト

エンボス加工の化粧軒天を取り付けるメリットって何?

エンボス加工の軒天

軒天は、湿気などの外的刺激により、塗膜の劣化や軒天ボード自体の劣化を起こしてしまう事があります。

軒天リフォームの際にオススメしたいのが、既製品のエンボス加工が施されている化粧軒天材です。

防火構造にも使えるエンボス加工の既製品軒天ボード

軒天と言えば軒天ボードに塗装というのが一般的ですので、既製品の化粧軒天材と聞いてもピンとこないかもしれません。

軒天の材料は一般的な軒天ボードだけではなく、様々な既製品の軒天材があります。

特に、防火地域に該当する場合に使わなくてはいけない軒天材を探す際に迷った場合は、防火材料に該当する既製の軒天材料は多いのですので、オススメ出来ます。

ニチハやNBL、吉野石膏等、元からエンボス加工等で化粧仕上げしてある防火認定を受けている軒天材があります。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

化粧軒天ボードを利用すると工期を短縮できる!

化粧軒天ゆえに塗装工程を省略できるので、工程短縮にもつなげる事が出来るのも大きなメリットです。

カラーバリエーションにも富んでおり、ホワイトをはじめグレーやブラウン、ブラックなど、様々なカラーがあります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

個性的な軒天に仕上げる事が出来ますので、軒天がオシャレに早変わりします。

最終的にパテや塗装で仕上げる一般的な無塗装の軒天ボードとは違い、張るだけで軒天が完成になります。

その為、張る際の精度はとても重要となります。

下地の不陸の差は2㎜以内とし、軒天垂木はなるべく平らに仕上げる事が鉄則となります。

不陸が出てしまうと影を作ってしまうので、カッコ悪いジョイントを作ってしまう事もございます。

既製品の軒天を利用すると耐久性が高くなる

また、現場の塗装とは違い、工場で焼き付け塗装を行っているので、塗膜の劣化がしにくいのが大きなメリットと言えます。

軒天は湿気が滞留しやすい場所ですので、軒天の塗膜の劣化が起きてしまいやすいのが難点です。

化粧軒天を使う事で、軒天材自体の耐久性が高くなります。

一般的な軒天ボードに塗装を行う工法と比べると、軒天の寿命を高くさせる事が出来ます。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

軒天にアスベスト(石綿)が含まれている時の対処ポイント!

軒天にアスベスト

昔の住宅建材に石綿等のアスベストが含まれている事は周知の事ですが、軒天の建材にも石綿等のアスベストが含まれている物がございます。

軒天材料に含まれている石綿等のアスベストは、そのメーカーにより異なりますが90年以前の軒天材に多く含まれていた傾向がございます。

軒天に石綿やアスベストを含まれている場合の対処法

その頃に軒天の工事を行っている場合は、軒天材料に石綿等のアスベストが含まれている可能性がある事がございます。

石綿やアスベストと聞くと、怖いイメージがあると思います。

アスベストが良くないと言われているのは、空気中にアスベストの線維が浮遊してしまった物を吸い込んでしまう事で、肺の細胞に突き刺さってしまい疾病が起きてしまう事です。

▼佐倉市の外壁塗装で「信頼できる」と評判の会社リスト

アスベストが軒天に含まれてるか気になったらリフォーム店に相談

軒天材等のセメント成形品の場合は、アスベスト線維は強く硬く固定されているので、空気中に浮遊する事はございません。

近くにあっても呼吸により吸い込む事はございませんので、安心して過ごす事が可能です。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

しかし、アスベストが自分の家にあると思うと、良い気はしないと思います。ご自分の家の軒天が該当するのか気になる場合は、業者に相談してみる良いでしょう。

気になる場合は、軒天材の取り換えをオススメします。

アスベストはリフォームや解体時にキケンです

アスベストが含まれている軒天材は、解体時に注意が必要となります。

解体をする際に空気中に飛散してしまう恐れがありますので、専門業者の解体が必要となります。

リフォーム業者に問い合わせると、アスベストを専門に解体撤去してくれる業者を連れてきて解体工事を行ってくれます。

アスベストの解体は信頼できるリフォーム業者に依頼をしよう

また、解体したアスベストは専門の産業廃棄物処分場にて処分をしてもらいます。

アスベストの材料の撤去に対して、訪問業者があの手この手で工事を請け負おうと声をかけてくる事がございますが、このような業者には絶対に依頼しないようにしましょう。

アスベストの撤去は、信頼できる業者に頼まなくてはいけません。安易に扱ってはいけない材料ですので、頼む際は慎重になりましょう。

▶評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト