コロニアル屋根はケラバ板金をしっかりする業者に依頼しよう!

コロニアル屋根とケラバ板金

屋根の平面部分をコロニアルで張り付けても、屋根の端部分は板金で加工して水の浸入を防ぐ納まりを採用しております。

このケラバ板金の施工をきちんと施工していないが為に、コロニアル屋根が雨漏りになってしまう事が非常に多く見受けられます。

コロニアル屋根はケラバ板金の施工をしっかりやる業者へ依頼しよう

間違ったケラバ板金の施工方法は、ケラバの中で板金を余分に立ち上げずに切りっぱなしで施工をしている状態です。

ケラバの中で板金を立ち上げないと、雨水が簡単に建物に侵入してしまい雨漏りに繋げてしまいます。

長い状態で放っておくと、野地板や野地垂木や小屋裏構造材を腐らせてしまい、建物の寿命を短くさせてしまいますので、絶対に良くありません。

なので、コロニアル屋根のリフォームはしっかりとした業者に依頼を行いましょう。

▼屋根や外壁リフォームの腕が良いと地元で評判の業者をチェック

どういう風にケラバ板金を取り付ける為のポイント

正しいケラバ板金の取付け方は、ケラバの中で立ち上げて納める方法です。

すが漏りが起きる場合は、ケラバ板金の施工不良による事が多いです。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

補修方法としてはケラバ廻りを全て取り外し、新しく加工した物を取り付ける方法です。

既存のケラバ板金を取り外さずに、新たに板金を補強に取り付ける方法もありますが、雨仕舞がしっくりこないのでオススメ出来ません。

ケラバ板金の施工は技術力が必要です

特に、外壁との取り合い部分のケラバ板金は、外壁部分に10cm以上立ち上げるのが理想です。

水は屋根勾配に逆らって1度勾配とは逆方向に登る不思議な性質があり、上がる時は5cm以上も外壁の方に上がる場合があります。

その為、10cm以上の板金の立ち上がりを外壁方法に設ける事は必要となります。

それらを踏まえて、一部2階建ての2階の窓の下端も10cm以上上げなくてはならない事も覚えておきましょう。

いざ、板金を高く立ち上げようとしても、窓の下端に高さが足りなくて立ち上げられないようでは、雨漏りが納まる事が無くなってしまい、常に雨漏りに悩む家になってしまいます。

コロニアル屋根のリフォームは評判の良い

これらの常識は、リフォーム屋さんも板金屋さんも解っていて当たり前の工法なのですが、稀にこのような処置を知らない職人さんやリフォーム業者が居るので、注意が必要です。 板金の取り合いによる雨漏りは、一目瞭然で解ります。

このような施工しか出来ない業者は、他の建物でも雨漏りを起こしていますので、それらの評判を調べてから選ぶようにしましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の屋根・外壁リフォーム会社おすすめリスト

最も千葉で評判が寄せられる「外壁・屋根のリフォーム会社」


現在外壁塗装を考えているけど業者選びに悩んでいる


地域でどのリフォーム会社を選べば失敗しないのかしりたい


安かろう悪かろうでは無く「安くて良い外壁リフォーム」をしてくれる会社は無いの?




そう言う方に、2016年現在最も評価の高い外壁リフォーム会社をご紹介します。

ケアフルの外壁塗装
ケアフルの外壁リフォームの詳細を確認する




【ケアフルの外壁リフォームが評判が良い理由】




  • ・工事担当者なので余計な営業っ気がなく、しつこい売り込み等が無い

  • ・工事を担当する人が見積もり~完了まで一括してくれるので安心

  • ・専門の担当者が、一件一件家を無料で調査して最もコスパの良いリフォームを提案

  • ・依頼する側の予算と、家の状況に最も良い選択を導き出してくれる



もし千葉県内で外壁リフォームをお考えの方は、こう言った評判になっている良心的なリフォーム店に御相談されるのがおすすめですよ。

ケアフルリフォームの詳細を今すぐ確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)