外壁塗装で50坪の家を塗り替えする値段相場&シロウトでもわかる塗料の性能比較!

50坪の一軒家の外装塗装工事の相場価格

まともな施工業者の平均価格相場(シリコン塗料): 80~110万前後


【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

50坪の家の外壁リフォームを行うなら信頼できる業者に依頼すべきです!

外壁塗装リフォーム50坪の家の相場と塗装別ぶっちゃけ価格!リフォームは適正価格の信頼できる業者に依頼しよう

外装塗装リフォームは一戸建て住宅にとって避けられない工事です。

しかし、工事の専門性が高く専門用語も多いので、一般の方にはなかなか理解しにくい工事の一つです。

そのため、訪問販売など業者の言いなりに高額な工事を行ったなどの話は実際にあるので注意が必要です。
またそのような業者はわざと難しい言葉を使いわかりにくくしていることもあるようです。

50坪の広さのお家をお持ちなのであれば、当然費用もそれなりに発生します。すると悪質業者の施工に手直しが必要になった時の金額も比例して大きくなってしまいます。

ですので、外装塗装リフォームで大切なことは適切な費用を知り、信頼のおける業者を選ぶことと言えます。

下記には佐倉市内で外装塗装リフォーム工事を行っている会社の口コミによる評判をまとめています。
外壁塗装リフォームを考えている方は、このような情報を参考に業者を選ぶことをおすすめします。

外壁塗装リフォームの適切な時期と口コミのよい業者を主体的に選びたい理由

外壁塗装リフォームの適切な時期と口コミのよい業者を主体的に選びたい理由

では、外装塗装リフォームを業者の言いなりにならず満足な仕上がりにしたい場合はどのようにしたら良いのでしょうか?

まず言えるのは、ある程度の基礎知識を持つことです。

例えば素材についての特徴を知る、セルフチェックで適切な時期を知る、また下記の様な大まかな種類と価格を知る、などは覚えておきたいですね。

その上で予算と時期を選び業者を選出するのが理想的な流れと言えるでしょう。

外装塗装は種類によって価格や耐年数も違いますし、職人の腕に差がでる工事の一つです。薄く塗られたり、必要でない場所に塗られたり、実際多くのトラブルが発生しています。

このようなことにならないように、適正価格で工事を行う信頼できる業者で失敗の無いリフォームを行ってくださいね。

シロウトにもわかる!50坪の外装塗装工事における6種類の塗料別相場価格&耐年数の比較

シロウトにもわかる外装塗装工事における6種類の塗料別相場価格&耐年数の比較

では、実際に50坪の建物に外壁塗装工事をした費用の相場はいくらなのでしょうか?

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

まず工事をする前に見積りをとりますが、本当にこの価格でいいの?そもそも適正価格がわからない、などの疑問を持たれる方がほとんどです。

下記には1番わかりやすい坪数での外壁塗装工事の目安を調べてみました。業者に見積りをとられる際はこれらを参考にしてみてくださいね。

この価格より大幅に安かったり高い場合は何らかの理由が存在する可能性がありますので、納得できるまで業者に聞くことが大切です。

以下は外壁塗装工事での50坪の建物における塗料別相場価格と耐年数をまとめたものですのでご参考ください。

50坪の建物における塗料別相場価格と耐年数

アクリル塗料の耐年数と相場
耐用年数:5~8年
相場の費用:60~90万円
ウレタン塗料の耐年数と相場
耐用年数:8~10年
相場の費用:70~100万円
シリコン塗料の耐年数と相場
耐用年数:10~15年
相場の費用:80~110万円
フッ素塗料の耐年数と相場
耐用年数:15~20年
相場の費用:90~130万円
無機塗料の耐年数と相場
耐用年数:10~20年(樹脂の種類により差があり)
相場の費用:100~150万円
光触媒塗料の耐年数と相場
耐用年数:18~20年
相場の費用:110~160万円

相場より高くなってしまう事も有る!追加工事が発生してしまう3つの要因

外壁塗装リフォーム価格が相場より高くなってしまう3つの要因

上記のように50坪の建物に外壁塗装工事をした費用の相場を知っておくと何かの時に役に立つことでしょう。

しかし、いくら相場価格とはいえ、劣化状況によっては追加工事が必要な場合があります。例えば土台工事の追加や、自分では発見できなかった修理箇所などです。

特に一括見積りの場合などはこれらが記載されていないことが多いので注意が必要です。

中には塗料を薄くして見積り金額以外の工事はしない、逆に不必要な工事で多くを請求するなどの悪質な事例があるからです。

ですので、見積りで追加工事の有無などを詳しく記載している業者は信頼ができると言えます。

下記を参考に、ご自宅の外壁リフォームの予算と時期をシュミレーションし、信頼できる業者に見積りを依頼しましょうね。

外壁の劣化が著しい場合
外壁の劣化が著しい場合
外壁塗装の費用の目安は、あくまで塗装を行う分の費用です。
その為には、下地がしっかりしている事が前提となります。
外壁の傷み具合が進行している場合は、外壁自体の補修を含めた費用が必要となります。

外壁シーリングの劣化
外壁シーリングの劣化

外壁にシーリングが使用されている場合はシーリングの打ち直し費用がかかります。
シーリングは5~7年程度で劣化してしまいますので、外壁塗装のタイミングの際には打ち直しが必要となります。
シーリングには打ち増しと打ち替えがありますが、必ず打ち直しを行いましょう。
打ち増しでは既存のシーリングと新しいシーリングとが馴染みませんので意味がありません。
シーリングの打ち替えの相場は、m当たり900~1500円程です。

外壁工事の際の足場の設置が難しい場合
外壁工事の際の足場の設置が難しい場合
隣家との境界線と外壁との空間が狭い場合の一般的な足場が設置できない場合は、足場代の費用が割増しになってしまうこともあります。
しかし屋根工事などを一緒に行うと一度に済むというメリットもありますので業者に相談してみましょう。

50坪の一軒家の外装塗装工事の知っておくべき相場価格と良い業者選びをまとめると

50坪の一軒家の外装塗装工事の知っておくべき相場価格と良い業者選びをまとめると

  • 外装塗装のリフォーム工事は口コミのよい信頼できる業者に依頼しよう
  • アクリルから光触媒まで塗装の種類別に耐年と価格の相場を知っておくとよい
  • 追加工事の見積りが誠実な業者を選ぼう
  • 別料金の足場を利用して屋根工事も行うなどお得にリフォームをしよう

以上が50坪の家における外壁塗装工事の塗装別相場価格と耐年数をまとめたものです。
劣化状況によっては追加費用もかかりますので、覚えておきたいですね。

もし外壁塗装工事を考えている場合は、外壁塗装工事の事例が多く、口コミで評判のよいリフォーム会社に見積もりを依頼することをおすすめします。

外壁塗装工事を行う場合は下記のような情報を参考に後悔のないリフォームにしてくださいね。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)