外壁部分の工事の基礎知識

戸袋の塗装工事を行う時の色選びで参考になる4つの基礎知識

戸袋塗装工事の色選び戸袋塗装の色選びを行う際の大事な4つのポイントまとめ

<目次>

【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

戸袋の塗装を行う時の色選びはどうやって行えば良いの?

戸袋を塗り替える際に、気になるのは戸袋の色の選択ではないでしょうか。

袋は、機能が似ている近くにある部位と同じ色にする事が無難と言われています。

でも実際にはどういう色使いにしていったら良いのか、素人の方では中々判断が付き辛い問題ですよね。

今回はそういった、違和感ない戸袋にするための塗装の色使いのポイントを分かりやすくご説明いたします。

戸袋塗装の色を決める際の4つのポイント

戸袋塗装のポイント

サッシの枠

サッシの枠と併せる事は、1番の無難な色合いになります。

近年の樹脂サッシの枠といえば、白、黒、グレー、茶、シルバー系等があります。

これらの枠のカラーと一緒にすると、見た目にも統一感が出ます。

外壁の色

雨戸の戸袋は外壁に取り付いているので、外壁と同じ色にする事も統一感が生まれます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

外壁をパッと見た時に、外壁と同じ色であれば溶け込んでおり違和感なく見る事が出来ます。

屋根の色

屋根の色と同じ色にする事で、外観に対してワンポイントとする事が出来ます。

外観に同じ色が数か所ある事で、ワンポイントが多くオシャレな外観とする事が出来ます。

茶色や黒色

雨戸と言えば茶色や黒色を採用してお宅も多く、この2つの色に固執した方もいらっしゃいます。

外観に茶色や黒色が無くても、この2つのカラーは無難に映えるカラーですので、違和感なく見せる事が出来ます。

戸袋塗装の色に迷ったらリフォーム店に依頼しよう

このように、戸袋に最適なカラーというのは、考え方によって様々ございます。

イメージが浮かばない場合は、業者にお願いしてカラーシュミレーションを作ってもらいましょう。

カラーシュミレーションを見る事で、実際の外観をイメージする事が出来ます。

全く関係ない色を取り入れると失敗してしまう事があり、特に原色系は失敗してしまう事が多くありますので、オススメ出来ません。

また、新興住宅街等を眺めて実際ある雨戸の戸袋のイメージを参考にするのも、イメージが掴みやすくとてもわかりやすいのでオススメです。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

関西ペイントのコスモレタンのメリットと費用相場知ってますか?

コスモレタン

コスモレタンの費用相場

一般的な戸建て住宅・・・38万~60万前後

<目次>

【もう確認しました?】≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

関西ペイントのコスモレタンは価格の安さが売り

関西ペイントのコスモレタンは、水性反応硬化形アクリルウレタン樹脂塗料であり、コンクリートやモルタルに塗布する塗料です。

ウレタン樹脂ならではの、素晴らしい機能を発揮してくれます。

住宅においては外壁などに用いられる事が多く、長持ちすると言うよりは「価格を抑える為」の塗料という立ち位置です。

コスモレタンの特徴やポイントを、まとめてみました。

コスモレタンの特徴やメリット6つ

コスモレタンのメリット

高耐候性な塗膜

強靭なウレタン層でコーティングする塗膜なので、耐候性にとても富んでおり、天候等の外的刺激より建物をしっかりと守ってくれます。

旧塗膜との付着力に富んでいるので、リフォームにもとても富んでおります。耐候性が高いので、塗りたての光沢や艶を長持ちさせ、高い光沢を長持ちさせてくれます。

高光沢の度合いは、溶剤系のウレタン塗料に匹敵するほどの、素晴らしい光沢を発揮します。

10年ほど持つ塗膜なので、メンテナンスの手間が少なくなりコスパが高い塗料と言えます。

作業性の高い塗料

一液性の水性塗料なので、作業性にとても富んでおります。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

速乾性で幅広い下地に適用するので、取扱いが簡単であり工期短縮に役立ちます。

臭気が少ない

水性塗料なので、余計な臭いを発揮せず安心して使う事が出来ます。

カビや藻を抑える

カビや藻を抑制させる機能が含まれているので、カビや藻が生えにくい塗膜面にする事が出来ます。

生活な塗膜にする事が出来るので、余計な負担を建物に与えません。

鉛等の有害線分を含んでいない

鉛やホルムアルデヒドを含まず、F☆☆☆☆なので安全性が高い塗料です。

タック性の無い塗膜

タック性の無い塗膜なので、さらっとした手触りの塗膜になります。

コスモレタンは価格安いけれども耐久性に問題あり

こういった様にm扱いやすい塗料ですので、短い工期で塗装リフォームを終わらせる事も可能なので、とても便利です。

ただ問題点としては5年前後しか耐久性が無く、すぐに塗り替えを行わなくては塗膜の寿命が無くなってしまう可能性が有ります。

こういった事を考えると、長年住んでいこうと考えているお家であれば、他の耐久性の高い塗料を選ばれる事をお勧め致します。

これからコスモレタンのでの塗装を考えている方は、こういった事をご確認下さいね。

外壁を板張りへリフォームする際に知っておいて欲しいポイント

外壁を板張りにリフォーム

外壁を板張りにリフォームする時の必要知識

<目次>

【もう確認しました?】≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

外壁を板張りにリフォームする時のポイント知ってます?

外壁のリフォームの際は、今までの外壁の雰囲気とガラッと変えてみようと思われる方も多くいらっしゃいます。

そこで最近徐々に増えてきつつあるのが、板張りです。

木材には、木材独特のぬくもりを感じますので、独特の暖かさを発揮させる為に採用される方も増えました。

板張りは、これらの2つの工法が主となっております。

板張りの外壁に変える時の2つの工法まとめ

外壁の木材

下見板張り

板を横に張る方法で、上げ板を外側に重なるよう張り進めていじます。

板張りの中で1番コストが低い工法であり、昔からよく採用されてきた板張りの1つです。

下見板張りに押し縁を加えると、和風の雰囲気を醸し出す事が出来ます。

竪板張り

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

竪に長居板を並べ張り進めていき、継ぎ目部分を浅木で押さえる工法となります。

下見板張りのように板は重ねず、1枚ずつ側面をぴったりくっつけるようはめ合わせていきます。

竪板張りの場合、洋風の板張りに採用される事が多くあります。

外壁に使う事の多い3つの木材

板張りに使用する木材料は、ヒノキや杉、松が定番です。

この3種類の木材は、断熱性と調質性に富んでいますので、外壁に適した木材です。この3つの選び方は、木調や雰囲気の違いにより選択しましょう。

どれも木材ではありますが、選ぶ木材料によって仕上りの顔に大きな変化が出ます。

外壁の板張りの寿命は、およそ50年と言われております。

メンテナンスは定期的に必要です

立地条件にもよりますので、これより短い寿命となってしまう事もあります。50年持たせる為には、定期的なメンテナンスもとても大事となります。

木材保護塗料などの塗料でしっかり保護する事で、木材の腐敗を防ぐ事に繋げる事が出来ます。

DIYでもメンテナンスは可能ですが、確実なメンテナンスに繋げる為には業者に依頼する事をオススメします。

メンテナンスの仕方によっては、50年も持たせる事が出来る外壁の板張り。

木材の暖かさを発揮し、全く違う外壁の顔を作ってみませんか。

外壁部分を総タイルにリフォームした時の費用相場はどの位?

外壁を総タイル

外壁部分を総タイルへリフォームする費用とメリット

外壁部分を丸々タイルへリフォームすると、メンテナンス費用が抑えられて、おしゃれな空間にリフォーム出来るのでおすすめです。

外壁を総タイルにすると、初期費用は高めとなってしまいます。

サイディングの様な普及品の外壁材と比べると雲泥の差で、サイディングの普及品が㎡あたり3,000~6,000円程度なのと比較すると、タイルは㎡あたり8,000~30,000円程となってしまいます。

今流行りの乾式工法でタイルを張るとなると、乾式工法のサイディングが㎡あたり5,000円程ですので、外壁総タイル張りの㎡単価は13,000~35,000円程度の単価となります。

外壁のタイルは割高だけれど長い目で見るとお得

総タイルの費用はお得

サイディングと比べると、雲泥の差で割高だというのが理解できると思います。

費用だけを比較すると、外壁総タイル張りは物凄く贅沢な工事と思われるかもしれません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

しかし、外壁総タイル張りが注目されてきている理由は、ライフサイクルコストがお得という部分です。

タイルという材料の素材は無機質ですので、ガラスのような無機質材料と同じ意味合いの素材となります。

ガラスを見て理解出来ると思いますが、ガラスは腐食しません。

無機質ですので空気などの外的刺激に全く反応しませんので、50年100年と見た目も素材も全く変わりません。

タイルも経年により全く劣化は発生しませんので、素材自体の劣化によるメンテナンスは不要となります。

外壁を総タイルにした時のメンテナンスについて

必要となるといえば、これらのメンテナンスをとなります。

  • コーキングの劣化
  • 目地の劣化(2丁掛け等目地が不要なタイル張りの場合は不要)
  • タイルの接着不良
  • 洗浄

この程度のメンテナンスが考えられますが、不要な場合もありますのでメンテナンスフリーとなる事もあります。

初期費用は大きいですがその後のメンテナンスに手間がかからないので、とても人気が出ている外壁です。

タイルの仕様により、磁気タイルや防水効果がある物など様々なタイルがありますので、色々調べて1番理想なタイルを使って外壁仕上げに採用してみましょう。

外壁塗装工事で赤ちゃんに影響を与えない為のポイントまとめ!

赤ちゃんと外壁塗装

外壁の塗装工事は赤ちゃんに影響あるの?

外壁の塗装工事を行う場合、赤ちゃんなどに影響はないのか気になる方も少なくありません。

影響はゼロではありませんが、多少なり影響は発生してしまうものです。

よく、全く問題ないという文字を見かけますが、塗装は特殊な素材ですので、全く問題に無いという訳ではありません。

外壁塗料に含まれている科学物質は多少なりとも赤ちゃんに与えてしまいます。

【CHECK!】▼千葉県内や佐倉市の外装工事で「信頼できる」と評判の会社リスト

お子さんがいるなら外壁塗装中はなるべく外出を

なので、外壁塗装工事を行う場合は、赤ちゃんや妊婦さんは塗装中はなるべく外出したりされる事がおすすめです。

また、どうしても不安という事であれば機能性は落ちてしまいますが水性塗料を使用される事も考えましょう。

外部に水性塗料を使う事は、耐久性に乏しいので今までは避けられてきました。

けれども、油性塗料にはまだまだ性能は落ちる物の、近年水性塗料若干性能も良くなってきています。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

水性塗料なら赤ちゃんや妊婦さんに問題ないと言える理由は、油性塗料と比べて臭いが大幅に少ない事です。

環境に良い外壁塗装

油性塗料の独特のペンキ臭はシンナーですので、独特に刺激臭を引き出します。

水性塗料にはシンナーは一切含まれておらず、塗料独特の臭いしかしません。

塗料独特の臭いをシンナー臭と勘違いされる方もいらっしゃいますが、水性塗料はシンナーなどの化学物質が少ない物になります。

気になる方は塗装に強いリフォーム会社に相談をしよう

しかし、水性塗料は微量な臭いは発生してしまいますので、気になる場合はやはり他の場所に避難する事をオススメします。

また、最近では油性塗料も影響の少ない物が出てきています。

なので、こういった事を踏まえて気になる方は一度外壁リフォームに強い業者さんに相談される事をおすすめ致します。

臭いと言えば空気清浄機ですが、塗装独特に成分は空気清浄機では分解出来ません。

その為、空気清浄機では全く効果を期待出来ませんので、勘違いをしないようにしましょう。

外壁工事の償却期間はどの位?建物の形状別の年数まとめ!

外壁工事の償却期間

外壁工事を行う時の「償却期間」ご存じですか?

マンションやアパートなどの不動産をお持ちの方で外壁工事を行う際には、経費について7色々考えて処理しなければいけません。

工事費用を減価償却として処理する場合に把握しておく事の1つとして「償却期間」という期間があります。

償却期間というのは、不動産の建物に対して経費を計上する年数を指します。

外壁工事の場合は、外壁工事を行う建物の耐用年数が償却期間となります。

建物の耐用年数は、下記の通りとなります。

【CHECK!】▼千葉県内や佐倉市の外装工事で「信頼できる」と評判の会社リスト

建物の種類別「減価償却年数」まとめ

減価償却年数

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

  • 鉄骨鉄筋コンクリート 47年(住宅用)、50年(事務所用)、34年(飲食店用)
  • 鉄筋コンクリート 50年(事務所用)
  • 鉄骨造(厚み4㎜を超える場合) 34年(住宅用)、38年(事務所用)
  • 鉄骨造(厚み3㎜を超えて4㎜以下の場合) 27年(住宅用)、30年(事務所用)
  • 木造(木骨モルタル造の場合)20年(住宅用)、22年(事務所用)、19年(飲食店用)
  • レンガ造、石造、ブロック造 41年(事務所用)、38年(店舗用、住宅用、飲食店用)

例えば、事業を行う為に中古物件を購入し外壁塗装を行った場合は、減価償却としての処理となります。

一般的に外壁の塗装工事というのは機能回復や原状復帰扱いなので修繕費と思われますが、新規事業用に購入した中古物件への外壁塗装なので、取得価額となります。

その為、減価償却として処理する事が可能となります。

事業の為に中古物件を購入する事は良くある話ですので、覚えておくと良いでしょう。

塗装など定期的なメンテナンスは「修繕費」に該当する事も

基本的に、10年前後で塗り替えを行わなくてはいけない「塗装工事」などの場合には、修繕費として計上される事が殆どです。
(デザイン性が高い物や、むやみに高額な工事は適用されない事もあります)

不動産に物件に対する外壁工事は、どのような目的で工事を行うかにより、処理する費用の細目が変わります。

確定申告に大きくかかわりますので、大きな税金対策となります。

また、税理士さんによってとらえ方が変わってしまう事がありますので、工事を行う前に事前に相談をしてみると良いでしょう。

塗装面にチョーキングが起きる原因と知っておきたい必要知識

チョーキング

チョーキングが発生する原因知っていますか。

10年程度経った外壁に手を触れると、白いチョークのような粉が手に付着する事があります。

そういった状況の事を、チョーキングと呼びます。

こういう現象が起きると、外壁はどういう状態なのか?ちょっと不安に思いますよね。

今回はそういった、なぜチョーキングが起きてしまうのか、チョーキングの原因や考えるべきポイントをまとめてみました。

【CHECK!】▼千葉県内や佐倉市の外装工事で「信頼できる」と評判の会社リスト

チョーキングが起きた時に知っておいてほしい3ポイント

屋根や外壁にチョーキング

チョーキングは塗膜の顔料が劣化している

チョーキングは、塗膜の長にある顔料が粉化してしまう事でチョークのような白いパウダー状の粉状となってしまう現象です。

顔料が含まれていないとチョーキングは起こりませんので、クリヤー塗料の場合はチョーキングが起きません。

わかりやすくいうと、色がある塗料にはチョーキングが発生します。

チョーキングは起きるタイミングに差がある

チョーキングは劣化の状態ですが、色があるどの塗膜にも同じタイミングで起きてしまう事ではありません。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

適切な手順で塗装工事を行っていれば、チョーキングが発生する年数を遅らせる事が出来ます。

きちんとした工程で塗装工事を行っていない場合は、早くチョーキングが起きてしまいます。

施工不良の場合は、1~2年程度で起きてしまう事もあります。

チョーキングの放置は絶対にしてはいけない

チョーキングは手に白い粉が付くだけですので、放っておいても構わないと思われる方も少なくありません。

しかし、チョーキングが起きているという事は塗膜の表面が劣化し破壊された状態ですので、外壁を守る事が出来ません。

外壁が裸のままになっている事と同様ですので、外壁が外的刺激に侵されやすくなってしまい危険です。

上記の様に、チョーキングが見受けられたら、早いうちに上から塗装をし新しく塗膜を作ってあげなければいけません。

チョーキングが発生したら訪問販売業者に注意です!

チョーキングが起きているお宅というのは、訪問販売業者が目を付けます。

こういった状況を逆手に取って、様々な巧みな口車で契約をさせようとしてきます。

外壁の不具合は、どこの業者か解らないような業者に依頼するのではなく、信頼できる地域で評判になっている業者に工事を依頼するようにしましょう。

「営業マンが良い人だから」と言った理由で契約するのは危険ですよ。

外壁工事の完成が遅れてしまう主な2つの原因ご存じですか?

外壁工事の遅れ

外壁工事の完成が遅れる理由知ってます?

外壁工事を依頼した際、予定より工期が遅れてしまうとやきもきしてしまう方もいるのではないでしょうか。

けれども、天候等あらゆる「仕方の無い問題」により工事が遅れてしまう事があります。決して職人さんがサボったりしている訳ではありません。

外壁工事が遅れる原因はどのような事があるのか?それには大きく分けてこの2つがあります。

【CHECK!】▼千葉県内や佐倉市の外装工事で「信頼できる」と評判の会社リスト

外壁工事の日程が遅れてしまう2つの要因

外壁工事のスケジュール

雨風などの影響

外壁工事で1番の順延理由は、雨風などの影響です。

外壁工事は外部で行う為、工事内容によっては多少の雨でも作業が可能な場合がありますが、殆どの場合工事を行う事が出来ません。

特に塗装やモルタルなどの湿式工事の場合は、材料の雨水が混ざってしまいますので材料の精度が悪くなってしまいます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

湿度が多く乾かない

季節によっては湿度が物凄く高い時期があり、湿式工法の場合は材料が乾きにくいので次の工程に進めなくなってしまいます。

湿度が多い梅雨時期や台風時に、このような現象がよく起きてしまいます。

外部での作業ですので、どうしてもこの2つの影響を受けてしまう事は仕方のない事と言えます。

何か大きな理由があって外壁工事の工期を守ってほしいのであれば別ですが、そうじゃない場合は多少の遅れは目をつぶるようにした方が良いと言えます。

様々な要因で外壁工事は遅れる事がございます

逆に、このような天候や湿度により影響を受けてしまうにも関わらず工事を決行してしまうと、外壁工事の中に様々な不具合が発生してしまいます。

天候は天災ですので、逆らわずに工事を行っていく事が理想となります。

一般的な業者は、雨などの悪天候で工事が遅れそうな時は、その旨お客様に伝えてくれます。

やむを得ない状態を伝えてくれているという事ですので、そこは目をつぶって引き続きお願いして良い物を作ってもらうようにしましょう。

何の断りも無しにダラダラ外壁工事を行う業者は、良い仕事が出来ない業者と言えます。

そのようなだらしない業者に当たらないように、前もってリサーチをして工事をお願いするようにしましょう。

外壁工事はどの位の期間がかかる?工事内容別の施工期間まとめ

外壁工事の期間

外壁リフォーム工事にかかる期間って知っていますか?

外壁リフォーム工事の中で良く行う工事といえば、サイディングの張りや外壁塗装が大半を占めます。

外壁工事をした方が良いかも?と思った時に知っておきたい事の一つとして、工事にかかる期間がございます。

外で行う工事といっても、ある程度は把握しておきたいものですよね。

今回はそういった、外壁リフォーム工事を実施する時にどの程度の期間がかかるのかを詳しくご紹介して行きます。

工事内容別の外壁工事にかかる期間

外壁リフォームにかかる期間

一般的な30~40坪程度の住宅の場合、このような外壁工事の期間がかかります。

外壁塗装 10日~20日ほど

塗装するだけでそんなにかかるの?と思われるかもしれませんが、外壁の塗り直しの場合下地調整などに時間を費やしますので、想像以上に時間と手間がかかってしまいます。

ただ色を付けるだけではありませんので、早くできる等と勘違いしないようにしましょう。

サイディングのカバー工法 8日~15日ほど

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

サイディングのカバー工法の場合、既存の外壁の上に下地を作って張っていく工法となります。

サイディングの水平さやカットなど手間がかかりますので、この程度の期間がかかってしまいます。

金属系サイディングを採用する事が殆どでありますので、ちょっとしたコーキング施工の他は全て乾式工法で作業をする事となります。

サイディングの張替 14日~25日ほど

サイディングの張替は、まず既存の外壁仕上げ材を全て剥がして、下地の状態をチェックして補修をし、新しいサイディングを貼っていきます。

サイディング工事は乾式工法ですが、ジョイントにコーキングを採用する場合が大半ですので、コーキング施工に天気の影響を受けてしまう事があります。

外壁工事の期間は天候により左右されます

外壁工事の場合は雨風などの悪天候により工事期間が大きく左右されてしまいますので、余裕を持って工事期間を把握しなければいけません。

工事期間が当初よりかかってしまっても、それは呑気に行っている訳ではなく丁寧に行っている証拠となります。

短い工期で外壁工事を行う事が出来る事を売りにしている業者が居ますが、余程外壁面積が少なくない限り1週間以内で外壁工事を終わらせる事は出来ません。

短い期間で外壁工事を行う業者にはそれなりに手を抜いていますので、絶対に依頼しないようにしましょう。

住宅をおしゃれに変える!外壁を貼り分ける際の3つのポイント

外壁の貼り分け

外壁の貼り分けを行う際の3つのポイント

センスの良い見た目に変える「外壁の貼り分け」

住宅の外壁は、どのようなデザインにするかで見た目が大きく変わります。

外壁材の貼り分けで、カッコ良くてセンスのある外観を作ってみたいという方が最近は多くいらっしゃいます。

上手に貼り分けを行えば、ハイセンスな外観を手に入れる事が可能です。

今回はそう言った、住宅の外壁の貼り分けにどのような工夫があるのか、ポイントをまとめてご紹介致します。

住宅の外壁を貼り分ける際の3つのポイント

上下貼り分け

貼り分けによくあるのが、建物の上下で貼り分ける方法です。

殆どの場合が胴差し部分で貼り分けますが、貼り分ける切り替え位置によって目線が大きく変わりますので、見た目に大きな変化を出します。

また、貼り分けの縁切りとして、幕板を入れる事で更に雰囲気も大きく変わります。

左右貼り分け

建物の左右に貼り分けを行う事で、凹凸が出るようでカッコよさが増します。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

建物の中心から貼り分けしてもいいですし、玄関の横からや居間の部分からなど、部屋部分をきっかけに貼り分けするパターンもあります。

部分貼り分け

部分貼り分けは、建物の部分的に外壁材を貼り分けする方法です。

建物の角部分や居間の窓廻り、玄関回りなど、部分的に貼り分けをする住宅が非常に多くあります。

高価な外壁材をアクセントとして部分貼り分けに採用するなど、様々な外壁材をワンポイントに使って建物の見た目の価値を上げます。

外壁に部分貼りを行う事でおしゃれな外観に変わります!

全面貼りでももちろん良いのですが、このように部分貼りを行う事で建物の見た目がグッと上がります。

色をちょっと変えただけで、イメージがガラッと変わります。

全面貼りをするか部分張りをするかは好みではありますが、外壁工事をするのであれば1度考えて欲しいポイントです。

貼り分けのイメージは難しいので、住宅雑誌や実際の住宅などを参考にしてみると良いでしょう。

住宅地を車でグルッと回ってイメージを掴むと、貼り分けのイメージが頭にわきやすくなります。

写真など撮って業者に提示すると、ご自分の理想の外観を作りやすくなりますよ。