外壁工事でも住宅ローン控除で減税出来るの知ってますか?

外壁工事の際のローン控除

外壁工事でも住宅ローン控除で減税出来るの知ってますか?

<目次>

【もう確認しました?】 千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者まとめ!
実際の評判から、県内で愛されている外壁工事業者をリストアップして掲載しています。

≫千葉県内や佐倉市で評判の良い外壁リフォーム業者リスト

外壁工事でも住宅ローン控除を受けれるのご存じですか?

外壁工事を行う際は費用が大きいので、あらゆるローンを検討される方も多いと思います。

その際にオススメなローンの1つが、住宅借入金等特別控除です。

国では「住宅借入金等特別控除」という住宅ローンの控除を行っており、リフォームの際にも該当させる事が出来る減税の制度です。

リフォームを行う際に住宅ローンを組んで一定の要件を満たした場合、費用が減税の対象になる場合は税金が戻ってきます。

一般的にこれらに該当している事で、住宅ローンの控除を受ける事が出来ます。

住宅ローン控除を外壁工事でも受けられる条件

住宅ローン減税

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

  • 大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事(この項目に外壁工事は含まれる)
  • その建物に住み始めたのが平成26年4月1日~平成31年6月30日まで
  • 工事費(外壁工事)が100万円を超える
  • 工事をする建物を取得してから10年以内
  • 住宅ローンの控除を申請する方のその年の取得合計金額が3000万円以下
  • 住居用の住宅(賃貸は該当しない)
  • 10年以上住宅ローンを借りる
  • 増改築面積が50㎡以上(外壁工事のリフォームの㎡数が50㎡であればOK)
  • 耐震性能があるとみなされる建物(古い建物は該当しない。木造は築20年以内、鉄筋コンクリート造の場合は築25年以内が該当)

また、住宅ローンの控除受ける為には「増改築証明書」が必要となります。増改築証明書は、施工をする業者が発行する書類となります。

増改築証明書を税務署に提出する事で住宅ローンの控除を受ける事が出来ますので、必ず発行してもらわなくてはいけません。

住宅ローン控除の上限と対象になるローンの種類

減税の対象の限度額は、400万円までです。

減税に該当すると、毎年10年間の年末の住宅ローンの残高の1%が減税となり、戻ってくるという流れとなります。

住宅ローンの控除は、一般的な銀行から借入れをする住宅ローンが該当します。これらは、住宅ローンの控除に該当しません。

  • 金融機関以外からの住宅ローン
  • 職場独自の従業員向けの貸付
  • 親や親族など企業以外からの貸付

住宅ローンの控除と一般的なローンとを比べて、間違いなく住宅ローンの控除の方が得をするとも限りません。

その為、どの方法が1番お得何かを計算して、検討するようにしましょう。

リフォーム業者はこのような計算が得意ですので、事前にご相談をしてみると良いでしょう。

屋根・外壁リフォーム業者選びに悩んでいませんか?

佐倉の外壁塗装で評判が良いリフォーム会社
【チェック!】≫千葉県内や佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)