屋根に打ち水を行う際の冷却効果を上げるポイントまとめ!

打ち水の効果

日本古来の打ち水は、玄関先にまいて涼を取るという意味合いから、古くから採用されてきた風習です。

最近は、地面だけじゃなく、屋根散水用のスプリンクラーがあるほど、屋根や外壁にも打ち水をする事が増えました。

屋根に打ち水を行う際の効果はどの位あるの?

屋根に打ち水をすると、5℃以上の屋根の温度を下げる事が出来ます。

屋根温度の上昇を軽減できるので、屋根から室内に伝わる輻射熱を減らす事が出来ます。 それにより、室内の温度上昇の抑制に繋げる事が出来、省エネ効果を発揮させる事が出来ます。

▼佐倉市の外壁リフォームで「信頼できる」と評判の会社リスト

ソーラーパネルの冷却効果が打ち水にはある

また、屋根上にソーラーパネルがあると、打ち水によってソーラーパネルの冷却作用も高める事が出来ます。

ソーラーパネルは、パネル自体が温度上昇してしまうと発電効率が落ちてしまいます。

打ち水で冷却させる事で発電効率がグンと上がるので、省エネと節電効果に結び付ける事が出来ます。

築10年以上のお宅で外壁塗装業者をどう選べば良いか迷っているあなたへ基本的に築10年以上のお宅で外壁塗装を行う時には、「セールスマンでは無く職人と話せる業者」を選ぶのが大事なポイントと言われています。

外壁塗装業者は「職人と話せる」業者を選ぶと失敗しない理由とは?

1つ注意したいのが、想像以上に物凄く暑くなった時の打ち水です。

暑すぎる日には打ち水は逆効果になる事も

あまりにも暑すぎる地域では、打ち水をした途端から湯気が立ち込めて、更に暑くなってしまう事があります。

暑い地域においては、あまりにも暑すぎて打ち水の効果が全く得られないので、打ち水を中止するところもあります。

また、打ち水をしてもすぐに乾いてしまう程暑い場合は、屋根材自体に余計な伸縮力がかかってしまい、材料劣化に繋げてしまう事もございます。

30℃以上の、あまりにも暑すぎる場合は、打ち水は控えた方が良いでしょう。

屋根への打ち水は午前中や夕方に行いましょう

打ち水は物凄く効果的で便利ですが、実施する温度環境や場所により効果を発揮しない場合があります。

理想的な打ち水は、午前中や夕方等の温度が高くない時間に行うのが、そもそもの風習のようです。

建物に負荷を掛けないよう、効果的な打ち水で省エネ効果高めましょう。

▼評判で選ぶ!佐倉市の外壁リフォーム会社おすすめリスト

最も千葉で評判が寄せられる「外壁・屋根のリフォーム会社」


現在外壁塗装を考えているけど業者選びに悩んでいる


地域でどのリフォーム会社を選べば失敗しないのかしりたい


安かろう悪かろうでは無く「安くて良い外壁リフォーム」をしてくれる会社は無いの?




そう言う方に、2016年現在最も評価の高い外壁リフォーム会社をご紹介します。

ケアフルの外壁塗装
ケアフルの外壁リフォームの詳細を確認する




【ケアフルの外壁リフォームが評判が良い理由】




  • ・工事担当者なので余計な営業っ気がなく、しつこい売り込み等が無い

  • ・工事を担当する人が見積もり~完了まで一括してくれるので安心

  • ・専門の担当者が、一件一件家を無料で調査して最もコスパの良いリフォームを提案

  • ・依頼する側の予算と、家の状況に最も良い選択を導き出してくれる



もし千葉県内で外壁リフォームをお考えの方は、こう言った評判になっている良心的なリフォーム店に御相談されるのがおすすめですよ。

ケアフルリフォームの詳細を今すぐ確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)